デジタルよろずや筑紫野 店長の雑記

仕事の事とか地域の事とか趣味の事とか雑多にぼやいてます。
バイクツーリングと野球観戦(ホークス)と競馬が好きです。
福岡と佐賀の県境ら辺に住んでます。

福岡県筑紫野市で、太宰府・大野城・小郡・筑前・朝倉・大刀洗・基山・鳥栖のエリアを中心に、パソコン/IT機器の出張修理・トラブル解決・ITサポートを地域最安値でやってます。
一部持ち込み修理も対応致します。(見積もり・出張料金は無料です)

デジタルよろずや筑紫野 ホームページ:https://www.digital-yorozuya.com/
ツイッター:https://twitter.com/digitalyorozuya
フェイスブック:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya

ASUS_TransBook_T100TA

ASUS TransBook T100TAを初期化→Windows10アップグレード

bitmap

久々のASUS 2in1タブレットPC『TransBook T100TA』関連の記事となりますが、今回、とある出来事をきっかけにWindows10へのアップグレードを行う事になったので、その旨を書き連ねてみたいと思います。

今回は、一度PCを購入時の状態に完全初期化を行った上でアップグレードを試みていますが、通常、Windows10へアップグレードする際は、今までのWindowsシリーズと異なり、現在の環境を引き継いだままアップグレードインストールを行う事をMSは推奨しています。

では何故初期化を行ったかと言えば、まず第一に、初期の真っ新な状態から手順通りにアップグレードを行うのがやはり最も確実で安全だから、というのがあります。(そもそも10のアップグレード失敗の原因となっているのは、様々な外部ソフトの導入に起因するものです)

第二に・・・と言いますか、実を言うと、そもそも今回のアップグレード実行の契機となったのが、10へのアップグレードを何の準備もする事なく不意に実行してしまうという致命的ミスを犯し、案の定アップグレード失敗&ブートエラーにより起動不能になってしまった事にあり、本来なら期限ぎりぎりの夏頃まで待つ予定でした。(冒頭の"とある出来事"とはこの事だったりします…)

まぁこのように、10への不用意なアップグレードによって二進も三進もいかない事態になってしまった方は非常に多いようで、これに関係する修理依頼はかなり多いのが実情です。特に古いデバイスからの10アップグレードを検討中の方は、十二分にご注意されて下さい。(ただ、OSが起動しなくなるだけで、保存データ自体は消える事はまずありません)

と言うわけで、以下が実際に行ったアップグレード手順です。

(1) 『ASUS TransBook T100TA-DK32G』を購入時の状態へリストア
・・・Windows8.1に標準搭載されている"PCのリセット"から行いました。

(2) Windows Updateを行い、現時点で提供されている重要な更新のみを全て適用
・・・追加の更新の項目欄にLANドライバやタッチパッド関係等のドライバが出てくると思いますが、これらはアップグレードの際に失敗要因になり得ますのでスルーします。

(3) ASUSのサポートページから、Windows10用各種ドライバを事前準備し、BIOSのみを先にアップデート

・・・古い機種の場合、BIOSを更新しないと10がインストール出来ないものもありますので、アップグレードの前にBIOSを最新バージョンに更新しときます。
ここまでが事前準備となります。(なお、ここまでで半日掛かってます…)

(4) Windows Update経由ではなく、『メディア作成ツール』からアップグレードを実行

・・・現時点では、MS謹製のメディア作成ツールを用いてアップグレードインストールを行うのが最も確実な方法と言われています。
ただし、インストールファイルを全て事前DLするため、かなり時間が掛かります。
また、10のファーストログインの際のアカウント種類は、後にMSアカウントとリンクする予定でも、ローカルアカウントとしてログインして下さい。

(5) アップグレード完了後、各種ドライバをインストール
・・・Windows10用のものが提供されてなければ、8.1用のものをインストールします。 
ちなみに、アップグレード完了直後の時点でも、画面の自動回転やタッチパネル、Fnキー等は普通に反応しており、デバイスマネージャで見てもビックリマークが出てるようなものはなかったです。

以上がアップグレード手順となります。
次に、アップグレード後の感想等のを列挙してみます。

◆ アップグレード後の動作パフォーマンスについて

各種動作確認も行い、現時点では正常に動作しております。
なお、他所のブログ等では、"10にすると激重になる"との報告もありますが、今の所、10にして特に動作が重くなったようには感じません。
ただ、起動時間(ASUSのロゴが出てログイン画面が出るまで)は多少長くなかったかな?って気はします。 

◆ MicroSDのローカルディスク化について

8.1の時はMicroSDをローカルディスク化して使ってましたが、今回はリムーバブルディスクのままでも下記オンラインストレージの同期先として使えたため、ドライバ書き換えローカルディスク化は行っておりません。
また、インストール先にリムーバブルディスクを指定出来ないソフトウェアに関しても、大半はシンボリックリンクを用いれば対応出来ると思います。

◆ オンラインストレージ等のMicroSDへの同期について

Onedriveは、以前は同期先にリムーバブルディスクは指定出来ませんでしたが、今回は普通に同期フォルダとしてリムーバブルディスク(MicroSD)を指定出来ました。
Googleドライブも、普通にMicroSDに同期先指定出来ました。Evernoteについても同上です。
ただ、Dropboxは同期先がリムーバブルディスクではダメでしたので、シンボリックリンクで対応しました。
という訳なので、わざわざローカルディスク化する必要性はなくなりました。

とりあえずこんな所でしょうか。
総評としては、アップグレード完了まで相当な時間掛かった事を除けば、トラブルも無くすこぶる順調にインストール出来ました。
T100TAに限らず、現時点での最も確実なWindows10へのアップグレード手順は、『"リストア(初期化)"→"WindowsUpdate"→"メディア作成ツールからアップグレード"』だと思われますので、Win10へのアップグレードが上手く行ってない方は、この手順で試される事をお勧めします。
ちなみに、噂のコルタナさんも問題無く使えました。(実際使う事はあまりなさそうですが…)

※後日追記

メインPC(デスクトップ)の方もWindows10にアップグレードしました。(遂にマイPCも『Windows10』にアップグレードしました!
こちらはWindows7 Ultimate 64bitからのアップグレードになります。
現環境を維持したまま行ったのですが、予想外にすんなり出来た上、その後も何ら問題無く使えてます。 

『ASUS TransBook T100TA』の後継機、『T100Chi』日本販売正式発表

Chi

先月に既に発表されていたキーボード着脱式2in1ミニノート『ASUS TransBook Chi』シリーズですが、この度日本での取り扱いも正式に発表されました。

いくつかのモデル・バリエーションがありますが、私の愛用しているT100TAの事実上の後継機となるのはT100Chiになります。(ただ、値段的には1.5倍くらいですし、後継機というより上位機種と言った方が適切かもしれません)

ざっと見た所、主な差違ポイントは、“キーボードがBluetooth接続のマグネット式に変更”、“背面パネルがブラックアルミ合金に”、“内蔵カメラが背面にも追加”の三点でしょうか。

その他、当然スペック的には全体的に向上はしてますが、やはり個人的に気になったのは、キーボードがメカニカルソケット式ではなく、Bluetooth接続のマグネット接着タイプになった点です。

私が今使っているT100TA DK32Gは、キーボード部の追加HDDが無いため充電を必要とせず使える点も大きなセールスポイントの一つなのですが、 ChiシリーズはBluetooth接続になったため、キーボード部も充電が必要となってしまいます。
ワイヤレスでも使えるって点はメリットですが、充電が必要になる、ってのは個人的にはそれを上回るデメリットだと感じますね・・・。

兎にも角にも、実機を触ってみない事には始まらないので、店頭に並びだした頃にヨドバシやビックカメラにでも出向いてみたいと思います。 

ASUS T100TAタブレット用のフレキシブルアームクリップ『ヤザワ どっちもクリップ A4タイプ CLW1』


ASUSのWindowsタブレットT100TA用のフレキシブルアームクリップスタンドとして、ヤザワ どっちもクリップ A4タイプ CLW1を購入してみました。

DSC_2664 (1)
全体写真。割とデカイです。

DSC_2665
クリップ部分拡大

お値段は、最安値のヨドバシ.comで、731円(送料無料・1/29現在)となっております。(私は楽天で購入)
クリップ強度は、思っていたよりもかなり強力で、指を挟むとかなり痛いレベルです。
そのため、クリップを固定する箇所もある程度の厚みと強度が要求されますが、アーム分も割と堅めなため、グラつく事なくかなり安定します。
クリップ部分にはゴムのラバーがあり、何かをかまさなくても傷つく事はありません。(若干跡が残りますが、拭けば取れます)

DSC_2668
 タブレットをクリップした状態

上記写真のように私は下方向からクリップして使っていますが、上からでも横からでも、特に力を入れてフリック操作等しない限り、アームがたわむ事無く安定しています。

まだ購入したばかりで使い込んだ訳ではないのですが、総評としては、この手のフレキシブルスタンドとしてはコスパも考えると相当良品の部類に入ると思います。

なお、 ヤザワ製の『どっちもクリップ』シリーズは数種類あり、アームがもっと長いものや、クリップがもっと大きいもの等、環境に合わせて購入するのがベストだと思います。  

ASUSタブレット『T100TA』の現在の運用状況


大した事書いてる訳ではないのですが、当ブログの中でも割とPVが多いASUSタブレット『T100TA』関連の投稿記事ですが、そろそろ購入して8ヶ月程度になりますので、現在どんな感じで使用しているのかを垂れ流してみたいと思います。(※2015/1/28 記事内容やや追記しました。)

・利用モデル ASUS TransBook T100TA T100TA-DK32G

・アクセサリ
タッチペン:プリンストン ボールペン付きタッチペン”nano” PSA-TPP5B
1
・・・感度も良好ですし、何よりもペン先キャップを外すとボールペンになっている、ってのが素晴らしいです。
タッチペンでタブレット操作しながら、書類等にサインしたり、メモしたりできるのが便利です。ただ、気を付けてないと、キャップをすぐ無くしてしまいそうになります。


ケース/カバー:通常は裸+持ち運び用ダイソー百均のタブレットバッグ
DSC_2318
・・・百均アイテムです。カバーはクッション性の素材になっていて、中にセパレートポケットがあるのが気に入っています。外したキーボードドックを、傷つける事なくセパレートポケットに入れて外したまま持ち運びが出来ます。

マウス:LOGICOOL Bluetoothマウス m557 レッド M557RD (使用頻度低)
_SL1500_
・・・大きさ的にも丁度いいですし、Bluetoothの感度も問題ありませんが、常時携帯するんであれば、やはりもう少し薄めのサイズの方がいいかと思います。決して大きくはないのですが、この厚みは地味にかさばります。

予備バッテリー:Anker Astro E3 第2世代 モバイルバッテリー(スマホと共用)
3eiq2
・・・一度故障した事があるのですが、その時もすぐに無償交換してくれましたし、サポートの方も素晴らしいです。容量的にも文句無いですし、外出する際は必需品です。今は新モデルが出ています。

・内部拡張ストレージ
トランセンド 32GB microSDHCカード class10 UHS-I対応 TS32GUSDU1(ローカルディスク化済み
・・・今の所はストレージ容量的にも32GBで問題ないですし、ローカルディスク化してる事での弊害みたいなのも一切ないです。R/W速度の低下や、読み込みエラー等も発生していません。やはり、トランセンドのはコスパ考えても良品だと思います。

なお、こちらの投稿記事で紹介したハードカバーケース(RISE 2WAYレザーケース)ですが、上述の通り今はもう使ってません。
というのも、装着状態のこちらの画像見て頂いたら分かると思うのですが、装着状態だとカバー部分で段差が出来てしまい、画面の端がタッチし辛くなってしまいました。
タッチペン使えば問題ないのですが、指で操作する機会が大半ですので、利便性を天秤に掛けた結果外す事にしました。(キーボード部分も外してます)
あと、分厚くなりすぎてバッグに入れての持ち運びだとかさばる、ってのも理由の一つですね。

動作性に関しては、それなりにストアアプリも導入してますが、動作が重くなったり不安定になったりするような事は一切なく、至って快適なままです。
ハード面も、通常パネルとキーボードを外して使っていますが、キーボード装着ドック部も付けにくくなったり等もしていません。(ただ付け外し頻度は少ない方だと思います)
ただ、一つ気になった点は、やはりバッテリーの減りが明らかに早くなっているように感じます。技術的に仕方ない問題とはいえ、やはり高頻度で使用するんであれば、3、4年程度がサイクルかもしれないですね。

とは言え、総括すると、エコノミープライスモデルのタブレットでありながら、非常によく出来たモデルだと改めて感じています。
現在は基本仕事用で使っていますが、もっと色々な場面で有効活用すべく、アイディアを捻っていきたいと思います。

T100TA用のタッチペンを新規購入(PSA-TPP5)

関連記事:T100TAのアクセサリ、コンプリート(?)

1

主に仕事用として使っているASUSのエコノミーモデル10.1インチタブレット・T100TAのタッチペンを、プリンストンPSA-TPP5の黒モデル買い換えてみました。
なお、今で使ってたのは、同じプリンストンのPSA-TP5の黒モデルです。

4
比較写真です。(上が今回購入したPSA-TPP5B、下が今まで使っていたPSA-TP5B
太さはほぼ一緒ですが、PSA-TP5シリーズよりも長く、そして重くなっております。
ペン先の素材は同じもので、タッチ感度も差はありません。いずれも非常に良好です。

そして、この二つのモデルの一番の違いは、PSA-TPP5シリーズは、ペン先がジェルインクボールペンになっている点です。
2
このようにキャップ式になっていますが、このキャップ部分を嵌める所がペン後ろ等にも無いため、頻繁に外して使用していると、紛失する可能性が大です・・・。
なお、キャップ部はある程度力を入れないと外れないようにはなっており、ペンケースやバッグの中に無造作に入れていても、勝手に外れるような事はありません。
ちなみに、書き心地はグリップがないだけで普通のボールペンと変わりません。 

3
ボールペンの中身(芯)です。 
このタイプの芯は、文房具屋等で詰め替え用が売ってあるそうです。 

お値段は、8月25日現在Amazonで黒モデルが¥1981となっており、タッチペンとしてはそれなりの価格となっています。(私はセール時に¥1300くらいで購入しました)

実の所、購入したのは割と前でもうしばらく使っているのですが、タブレット(T100TA)と一緒にケース横に差して常に持ち歩いているため、とっさの時のメモやサイン等をしたりする際には、やはり便利ですね。

ただ、先述の通り、外したキャップ部を嵌める場所がないのは、地味ですがやはりかなり不便です。
キャップを紛失してしまうとただの高級ボールペンになってしまい元も子もなくなるので、ここは改善して貰いたい最大のポイントですね。 

T100TAのアクセサリ、コンプリート(?)

一体何がどうコンプリートなのかは分かりませんが、とりあえず欲しかったASUS Transbook T100TAのアクセサリが全て購入出来たので、ちょっと紹介してみます。

・ハードケース
【riseオリジナル】 ASUS transbook t100ta 専用2WAYレザーケース
・マウス
LOGICOOL Bluetoothマウス m557 レッド M557RD
・タッチペン
プリンストンテクノロジー スマートフォン&タブレットPC用タッチペンnano

38
キーボードドックと装着。かなりガッチリ装着するので、不意に外れるような事は無さそうです。
革製らしいので、手触りはちょっと高級感があります。(耐久性は無さそうですが・・・)

34
 分離出来ます。左がタブレットオンリーで、開閉が出来ます。
問題は、右のキーボードの取り扱いです。
ごらんの通り、キーが丸出しな上、上部の装着部分を閉じると、キーボード部分と金属のボタン部分が直接触れるため、どうにかしないとキズが付きます・・・。

40
 タブレットとキーボードドック装着した状態で閉じると、こんな感じになります。
正直、かなりの厚みになります。
上に乗っかってるのがM557で、横に付いてるのがプリンストンのタッチペンです。

 という訳で、画像付きで紹介してみました。
ハードケースに関しては、まぁ値段相応と言った所でしょうか。 
とは言え、専用ケースなだけあって綺麗にフィットしますし、サイドボタンや外部接続ポート部分も付けたまま扱えるので、この点は流石専用を謳ってるだけはあります。

マウスに関しては、小型のBluetoothマウスで一番安価な奴、ということでロジクールのM557にしましたが、感度や扱い易さに関しては何の問題もなさそうです。地味にWindowsボタンが付いてるのが便利だったりします。

タッチペンは、Amazonから適当に上位人気のを選んで買ってみましたが、予想以上に感度も良好で使いやすいです。手書きメモも書きやすいですし、この値段ならかなりCP良いんじゃないでしょうか。 

Mouse without Bordersを活用してT100TAをサブモニタ化

Mouse without Bordersは、LAN内のPC間で入力デバイスを共有化するフリーツールです。一応MS純正らしいです。

という訳で、ASUS TransBook T100TA-DK32Gをサブモニタとして有効活用するため、デスクトップPCをメインとしてマウス/キーボードをPC⇔タブレット間で共有してみました。

インストール時にFirewallを有効化しないと駄目らしく、PC側で若干ここで引っかかりましたが、あとは何の問題も無くインストール完了。
 
正直、Win7 64bit⇔Win8 32bit間で巧く動くか心配でしたが、杞憂でした。
現在、ストリーミング動画を表示させたりして、サブモニタとしても有効活用してます。

一つ注意点としては、T100TAでキーボードドック外した状態だとマウスポイントがオフになりますので、Other optionからDraw mouse cursorを両方でオンにする事くらいですね。   

MicroSD(リムーバブルディスク)のローカルディスク化

2in1タブレット『ASUS TransBook T100TA-DK32G』を購入して数日が経ち、今日ようやくAmazonからMicroSD(64GB)が到着しました。

さて、オンラインストレージの同期フォルダをSDにぶち込んでバリバリ使おう・・・と思ったら、一部のオンラインストレージサービスのデスクトップクライアント(同期アプリ)では、リムバーブルディスクを同期先フォルダに選択する事が出来ない事が判明。

そこでググってみた所、ディスクドライブのOS標準ドライバを強制的にサードパーティ製の物に更新してローカルディスク化出来るとの事。

やり方は、こちらのサイトを参考にしながら、

① チャームのPC設定→『保守と管理』から、Secure bootの無効化とデジタル署名無しドライバのインストールを許可してリブート

② リブート後、Hitachi Microdrive Filter Driverのcfadisk.infファイルをエディタで開き、[cfadisk_device】に"%Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,SD\GenDisk"を追加してデバイスプロパティから手動でドライバをインストール


これで無事ローカルディスク化に成功しました。現在、同期アプリも問題無く動いてます。

ただ、一つ注意点としては、OS起動中はローカルディスク化したSDカードは絶対に取り外してはいけません
実際に試してはいないのですが、MFTがぶっ壊れて再フォーマットしなければ認識出来なくなるらしいです。
テープ等で不意に取れないように固定した方が良いと思われます。

ちなみに、導入したオンラインストレージサービスのクライアント(同期アプリ)は以下の通り。

◆ Googleドライブ
・・・同期フォルダのあるパーティションのファイルシステムがNTFSじゃないと駄目らしいです。
◆ Yahoo!ボックス
・・・リムーバブルディスクはNGでローカルディスク化しないと駄目でした。(インストール時に同期フォルダを指定する際、リムーバブルディスクになってるとエラーダイアログが出ます)
◆ Skydrive/Onedrive
・・・Windows8.1だとOSに組み込まれてるせいか同期フォルダの移動が出来なかったので、一旦アカウントとのリンクを解除してフォルダを丸ごとSD側に移動した後、シンボリックリンクで対処しました
◆ Asus Webstorage
・・・リムーバブルディスクのままでも大丈夫らしいです(ただ殆ど使ってません)
◆ Dropbox 
・・・こちらもリムーバブルディスクのままでもいける?
◆ BOX
・・・同上

なお、Windows Update等を行うと、デジタル署名無しドライバのインストールがデフォルト(不許可状態)に戻されてOS標準のドライバが読み込まれてしまい、一時的にドライブが見えなくなってしまう事があるようです。
その場合、もう一度チャームのPC設定の『保守と管理』の所からデジタル署名無しドライバのインストールを許可してブートさせれば、ドライブは認識出来るようになります。(ドライバのインストールは不要なようです)

*** 2016/02/16 追記 ***
現在、T100TAもWindows10にアップグレードしたのですが、上記のオンラインストレージの内、Yahooボックス・ASUS Webstorageはもう使わなくなり、Onedriveがリムーバブルディスクも対応したため、最早ローカルディスク化の必要性が無くなり、Win10環境では試していません。(先述上記のローカルディスク化に関する記事内容は全てWin8.1でのものです)
ただし、Dropboxに関しては仕様変更でリムーバブルディスク非対応になっていましたが、シンボリックリンクを用いて、実体フォルダをMicroSDにぶち込んでます。
このように、わざわざローカルディスク化しなくても、シンボリックリンクを駆使すれば十分に対応可能です。(フリーの統合アーカイバExplzhを導入すれば、右クリックメニューからシンボリックリンク張れるので大変便利です。) 

ASUS TransBook T100TA購入!

ビジネス用必須機材その1だったタブレットPC、ASUS TransBook T100TA T100TA-DK32Gをヨドバシの店舗で購入しました。

用途としては、クライアントへのサービス説明やプレゼン、タスクサポート、出先でのサイト編集諸々で使う予定(ネットに関してはスマフォからのテザリング)ですが、とりあえず一日弱弄くってみた所、スペック的には全く問題なさそうです。
サイト編集用のExpression WebやInkscapeもサクサク(Inkscapeは流石にデカイ画像だとアレでしたが)でした。

正直、値段も値段なので(¥44800+ヨドバシポイント) 、スマフォに毛が生えた程度くらいしか期待してなかったのですが、比べものにならない体感パフォーマンスの差でした。某人気ブラゲもサクサク動いてます。 
バッテリーも、明るさ最大Wi-fiオンで数時間ガッツリ使ってみましたが、かなり持ちよさそうです。

Windows8は正直デフォルト状態ではかなり使いづらいですが、まぁこの辺は設定次第でどうにでもなりますし、あとは慣れの問題でしょうか。

さて、あとは専用キャリーバッグとMicroSD(32Gor64G)を買えばバリバリ使えそうです。 
最新記事
Twitter プロフィール
パソコンの故障修理やトラブルの解決、各種サポートの他、企業・団体向けITアドバイザーを行う「デジタルよろずや筑紫野」です。 筑紫野市を中心に、太宰府 小郡 筑前 朝倉 大刀洗 基山 鳥栖 等、福岡・佐賀の幅広いエリアを出張無料、見積もり無料でサービスを行っております。
メッセージフォーム

当ブログやデジタルよろずや筑紫野へのご意見・ご相談等についてはこちらからどうぞ。(非公開メッセージを送信出来ます。)

名前
本文
QRコード
QRコード