デジタルよろずや筑紫野 店長の雑記

仕事の事とか地域の事とか趣味の事とか雑多にぼやいてます。
バイクツーリングと野球観戦(ホークス)と競馬が好きです。
福岡と佐賀の県境ら辺に住んでます。

福岡県筑紫野市で、太宰府・大野城・小郡・筑前・朝倉・大刀洗・基山・鳥栖のエリアを中心に、パソコン/IT機器の出張修理・トラブル解決・ITサポートを地域最安値でやってます。
一部持ち込み修理も対応致します。(見積もり・出張料金は無料です)

デジタルよろずや筑紫野 ホームページ:https://www.digital-yorozuya.com/
ツイッター:https://twitter.com/digitalyorozuya
フェイスブック:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya

筑前

小郡市/筑前町・城山(しろやま)-登山道~山頂


今回ご紹介するのは、筑後川以北の筑紫平野の真ん中にぽつんと位置する標高130mの低山、城山(しろやま)です。

小郡市筑前町の境にあり、地元では“じょんやま”と呼ばれています。また、別名として花立山山隈山とも表記される事があります。

西南側が小郡市で、東北側が筑前町です。近くには花立山温泉もあります。 

小郡側の麓には城山公園があり、地元ではこちらの公園名としての方が知られていますが、城山も山頂まで散策路が整備されていて、ハイキングコースとしてそれなりに人気があります。
*
*
山頂にある、城山の紹介案内看板。何気に歴史のある山です。

山頂への散策路(登山道)はいくつかありますが、一般的に利用されているのは、やはり城山公園からの散策路です。
*
*
四方を杉の人工林に囲まれた道をしばらく行きます。
なお、周りは民有地なため、散策路を外れて林に入ると不法侵入になりますのでご注意。
*
途中にある城山西國三十二番札所の祠。
*
*
歩きやすいように階段状に整備されてはいますが、雨の後は足下ぐちゃぐちゃになります・・・。

杉の雑木林の散策路をしばらく進むと、山頂にある日方神社の参道階段が現れます。
かなり心臓破りの階段ですので、気合いを入れ直して行った方が良いと思われます。
*
階段の下から。手すりがある分、まだマシでしょうか。
*
こちらは登りきった階段の上から。 

この参道階段を登りきった先が、城山の山頂になります。
山頂には、いくつかの神社や祠と展望所があります。
*
山頂にある神社の一つ、『花山権現様』とも呼ばれる日方(ひかた)神社
元禄15年に、彦山権現の分霊を祀ったのが始まりだそうです。
*
こちらは筑前町側にある愛宕(あたご)神社。
*
山頂展望台からの眺望。
けやき台~基山(きざん)方面になります。
*
こちらは鳥栖方面の眺望です。中央奥に、朝日山が見えます。

以上、小郡市と筑前町に跨がる城山の紹介でした。
低山登山というよりは、公園の延長の散策路という感じですが、最後に心臓破りの階段もあり、結構キツめだったりします。
特にこれといった見所があるような山ではないのですが、立地的にも分かりやすく車で行きやすい場所にあるので、ちょっとした体力作りで利用するのに丁度良いんじゃないでしょうか。

砥上岳(筑前町) ~砥上神社口登山道

先月号の福岡Walkerでも特集されていましたが、福岡~佐賀~北部大分には登りやすい低山が多くあります。
今回はその低山の一つ、筑紫野市のお隣・筑前町にある標高496.5mの砥上(とかみ)岳を紹介したいと思います。(筑前町役場作成のPDF登山マップもあります)

なお、地元ではそれなりに知られている山ではありますが、一般的には、先述のような地域観光情報雑誌でたまに組まれる低山ハイキング特集等でも取り上げられる事は殆ど無く、知名度は決して高くは無い低山です。
とは言え、登山シーズンになると、平日でも天気が良ければ数人の方とすれ違いますし、登山者自体は決して少なくはない、隠れた人気低山になってます。


砥上岳麓にある砥上神社からの登山道。この他にもいくつかルートがあります。
登山道入口。まずはここから林道のような砂利道を10分程度進みます。
御池(みいけ)と呼ばれる池(沼?)の横を通ります。
ここから本格的な登山道になります。
しばらくこのような石段の道が続きます。
石段を過ぎると、このような狭い山道になります。頭上の蜘蛛の巣に注意。
やや急峻になっている場所もありますが、鎖場のような所はありませんし、全体的には軽装でも安全且つ気楽に登る事が出来ます。
道中に分岐点はいくつかありますが、ちゃんと道標があるので迷う事はないと思います。 
蹄石。なにやら、神功皇后が乗馬した馬の蹄の跡だとか・・・。
登山道は大半が松林ですが、山頂付近になると植生が変わってきます。
山頂エリア。少し開けた感じになっており、小さな祠等があります。
山頂からの望む、大刀洗町方面の眺めです。
展望台のようなものはなく周りには木々もあるため、360°パノラマとはいきませんが、眺望は悪くありません。
手前の方が古処山地で、奥の方には英彦山山地が眺望出来ます。

以上、筑前町の砥上岳をご紹介致しました。
ちなみに、砥上神社からのコースですと、登山時間は大体往復で三時間程度です。  
最新記事
Twitter プロフィール
パソコンの故障修理やトラブルの解決、各種サポートの他、企業・団体向けITアドバイザーを行う「デジタルよろずや筑紫野」です。 筑紫野市を中心に、太宰府 小郡 筑前 朝倉 大刀洗 基山 鳥栖 等、福岡・佐賀の幅広いエリアを出張無料、見積もり無料でサービスを行っております。
メッセージフォーム

当ブログやデジタルよろずや筑紫野へのご意見・ご相談等についてはこちらからどうぞ。(非公開メッセージを送信出来ます。)

名前
本文
QRコード
QRコード