デジタルよろずや筑紫野 店長の雑記

仕事の事とか地域の事とか趣味の事とか雑多にぼやいてます。
バイクツーリングと野球観戦(ホークス)と競馬が好きです。
福岡と佐賀の県境ら辺に住んでます。

福岡県筑紫野市で、太宰府・大野城・小郡・筑前・朝倉・大刀洗・基山・鳥栖のエリアを中心に、パソコン/IT機器の出張修理・トラブル解決・ITサポートを地域最安値でやってます。
一部持ち込み修理も対応致します。(見積もり・出張料金は無料です)

デジタルよろずや筑紫野 ホームページ:https://www.digital-yorozuya.com/
ツイッター:https://twitter.com/digitalyorozuya
フェイスブック:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya

熊本観光

自家撮影した『360°パノラマ』画像集 その②


Androidスマホ+Googleカメラアプリを使って撮影した、360度パノラマ写真の第二弾です。
前回は福岡・佐賀でしたが、今回は大分・熊本の分をご紹介致します。

 平野台高原展望所(熊本県南小国町)



「黒川温泉」の近くにあり、阿蘇五岳・くじゅう連山までも一望出来る素晴らしいビュースポットです。
通称"恋人たちの丘"と呼ばれており、展望台には鐘がありました。

 雀地獄(熊本県南小国町)



こちらも「黒川温泉」の近くにある"地獄"で、阿蘇くじゅう国立公園の一部に含まれます。
日本でも数少ない"冷泉"が湧出する地獄としても知られており、あちこちで亜硫酸ガスが噴出しています。
なお、"雀地獄"の名前の由来は、上述の火山ガスによって雀等の小動物が死んでたりするのをよく見られるからだそうです。
ちなみに、動画も撮ってみました。(無駄に4Kです)

 小松地獄(大分県九重町)





筋湯温泉の近くにあり、北部九州有数の地熱発電所である八丁原地熱発電所に隣接する"地獄"です。
こちらも『阿蘇くじゅう国立公園』に含まれており、上記の雀地獄と比べてより活発な火山活動が見られ、比較的大きな火山ガスの噴出を見る事が出来ます。

 深耶馬溪・一目八景(大分県中津市)



『耶馬溪』の中でも最も南部に位置する、"深耶馬渓"の"一目八景展望所"からのパノラマです。
こちらに関しては、以前記事にしていますので、そちらをご覧頂けると幸いです。(大分・中津市の『深耶馬溪』方面に行ってきました

という訳で、第二回目となる今回は大分・熊本の分のパノラマ写真をご紹介しました。
なお、最初の『阿蘇くじゅう国立公園』エリアに含まれる三つのポイントはいずれも震災後に訪れたのですが、やはり通行止めになってる林道も多かったですね。主要道は、通行止めになっていても迂回路が用意されていますので、問題無く車で行く事が出来ます。
各観光スポットに関しては重点的に復旧に取り組んだとの事で、現在はほぼ訪れる事が可能になっており、是非復興支援も兼ねて、この機会に行かれてみては如何でしょうか。

熊本・小国町方面に行ってきました

今週初め、あまりにも天気が良かったので熊本県阿蘇郡小国町方面へバイクツーリングに行って参りました。

001
久留米・八女を経由して、奥日田・うきはを回って帰るルート。ひたすらに山です。(杖立温泉辺りで、ちょっとGPS飛んでしまってます)

本当は久住高原辺りまで行くつもりでしたが、流石に日帰りでは時間的に厳しかったので、小国町中心部まで行って奥日田を経由して帰る事にしました。

まずは久留米方面から県道800号湯ノ原合川線で八女・上陽町方面へ向かいます。
*
(主に良くない方で)色々話題になった上陽町の『朧大橋』。
この橋の下をくぐるように県道798号北川内草野線に合流し、上陽町中心部へ南下します。
*
寄口橋から望む八女市上陽町中心部を流れる星野川

上陽町をさらに南下し、黒木町へ向かいます。そこから、福岡・大川市から大分市へと繋がる国道442号線に合流し、小国町に向けて東へとひた走ります。
*
*
黒木町の『日向神峡』。晩秋には紅葉が見事になります。
*
日向神ダム湖の東端付近。こちらは黒木町ではなく矢部村になります。

途中、鯛生金山下筌ダム・蜂の巣湖を通過し、漸く小国町へ。
ひたすら山を通りますが、一応国道ですので、道路もちゃんと整備されていて至って走りやすいです。ただ、先日の台風の影響か、道中所々工事しており、片側通行になってる所もありました。
*
けやき水源や鏡ヶ池がある『富くじ六花園』へ。(場所はこちら
*
筑後川水系の田の原川とけやき水源(写真左)。この上流に、黒川温泉があります。
*
*
*
*
けやき水源。非常に水が澄んで綺麗でした。

さて丁度時間的にお昼でしたので、この富くじ六花園のすぐ近くにある『黒豚屋』というお肉屋さんでメンチカツバーガーを買って食べたのですが、これがまた抜群に美味しかったです。小国町へ行かれた際は是非オススメです。(イートインスペースもありました)

DSC_3912
揚げたてあっつあつの黒豚屋・メンチカツバーガー。他にもテイクアウト出来るメニューがいくつかありました。

お昼も終えた所で、目的地の一つである『鍋釜滝』へと向かうため、日田街道を通って杖立温泉・日田市街地方面へと北上します。
*
小国町の山間の田園。この日は一日雲一つ無い快晴でした。
*
*
*
幸野川と杖立川合流付近にある『鍋釜滝』。(場所はこちら
*
*
滝上部の川のそばでヒメツルソバの花が咲いてました。

鍋釜滝をさらに北上し、杖立温泉を経由して国道212号に合流し、日田市街地南部を通ってうきは~田主丸という経路で、自宅のある筑紫野市へと帰路に着きます。
*
*
小国町の杖立温泉街
今回は温泉には入りませんでした。
*
*
秋のうきは。
特産の柿が収穫期を迎えていました。 

今回は、走行距離179.66km、総移動時間7時間24分となりました。
ひたすら山と川ばかりのルートですが、やはり自然の中を走るのは最高ですね。今度はもう少し早く出発し、阿蘇や久住方面へと足を伸ばしたい所ですね。
最新記事
Twitter プロフィール
パソコンの故障修理やトラブルの解決、各種サポートの他、企業・団体向けITアドバイザーを行う「デジタルよろずや筑紫野」です。 筑紫野市を中心に、太宰府 小郡 筑前 朝倉 大刀洗 基山 鳥栖 等、福岡・佐賀の幅広いエリアを出張無料、見積もり無料でサービスを行っております。
メッセージフォーム

当ブログやデジタルよろずや筑紫野へのご意見・ご相談等についてはこちらからどうぞ。(非公開メッセージを送信出来ます。)

名前
本文
QRコード
QRコード