デジタルよろずや筑紫野 店長の雑記

仕事の事とか地域の事とか趣味の事とか雑多にぼやいてます。
バイクツーリングと野球観戦(ホークス)と競馬が好きです。
福岡と佐賀の県境ら辺に住んでます。

福岡県筑紫野市で、太宰府・大野城・小郡・筑前・朝倉・大刀洗・基山・鳥栖のエリアを中心に、パソコン/IT機器の出張修理・トラブル解決・ITサポートを地域最安値でやってます。
一部持ち込み修理も対応致します。(見積もり・出張料金は無料です)

デジタルよろずや筑紫野 ホームページ:https://www.digital-yorozuya.com/
ツイッター:https://twitter.com/digitalyorozuya
フェイスブック:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya

太宰府

福岡各所で180°パノラマ写真を撮ってみました

Androidスマホの"Googleカメラ"アプリで、180°パノラマ写真を以下の福岡・佐賀エリア各所で撮ってみました。
それぞれの画像をクリックすれば、Googleフォトのパノラマビューで表示ができます。

ss_307
画像クリックで拡大出来ます

 生の松原・元寇防塁(福岡市早良区)
PANO_20160303_132859
画像クリックでパノラマビュー出来ます

 天拝山・山頂展望台(筑紫野市)
PANO_20160426_115149
画像クリックでパノラマビュー出来ます

 四王寺山・遠見所展望台(太宰府市)
PANO_20160420_134236
画像クリックでパノラマビュー出来ます

 脊振山・山頂①(神埼市)
PANO_20160317_131506
画像クリックでパノラマビュー出来ます

 脊振山・山頂②(神埼市)
PANO_20160317_131558
画像クリックでパノラマビュー出来ます

 筑後川・原鶴温泉付近(うきは市)
PANO_20160322_111743
画像クリックでパノラマビュー出来ます

 田主丸大塚古墳(久留米市)
PANO_20160422_132720
画像クリックでパノラマビュー出来ます

ホントは360°の全天球パノラマを撮りたかったのですが、スマホカメラではイマイチ綺麗に撮れませんでした。
やはり専用の全天球カメラじゃないと駄目ですね。
ちなみに、Xperia標準のカメラアプリのアドインでもパノラマは撮れるのですが、Googleカメラアプリを使った方がより綺麗に撮れました。 

今年初の宝満山登山に行ってきました

29_houmanzan_graph[1]

福岡県内でも屈指の登山者を誇り、修験道の霊峰としても知られる『宝満山』(標高829.6㍍)に今年初登山してきました。


筑紫野と太宰府の市境にあり、麓にはお馴染み『太宰府天満宮』と『竃門神社』があります。 
*
登山前に竃門神社に寄りました。写真は社務所からの眺望。

毎年数回は登っているのですが、今回は竃門神社の横の内山林道を通って標高300m辺りの林道終点地点まで行き、そこから登山開始しました。
登山ルートとしては、所謂“正面登山道”と呼ばれる一般的なルート(の途中から)になります。
*
ひたすら岩の階段です。
*
*
正面登山道はとにかくこのような岩ばかりです。
尾根道のような所はなく、眺望も楽しめません。まさに修験の山です。
*
山頂近くにある“袖すり岩”。名称の由来はまんまです。

さて、このようなルートをおよそ一時間半程度掛けてひたすら登ると、山頂に到着です。
山頂は岩肌が剥き出しになっており、登山者の休憩ポイントとなってます。眺望もなかなかです。
*
宇美・須惠方面の眺望。奥には博多湾が見えますが、この日は天気は良かったものの、花粉やらPM2.5やらのせいで少し霞んでました。 残念。
*
こちらは夜須高原・古処山地方面の眺望。うっすらと英彦山も見えます。
*
こちらは大宰府政庁・二日市方面の眺望。手前に見えるのは、四王寺山です。

この日は平日でしたが、丁度春休みだった事もあり、山頂には結構な人数の方がおられました。
流石、英彦山・背振山と並ぶ福岡県三大霊峰の一つですね。 
ちなみに、下のタグに“低山登山”と一応つけましたが、竃門神社登山口から登山する場合は、それなりの登山装備はしておいたほうが良いと思います。 

水城(みずき)のインフラ殺到具合がおもしろい@デイリーポータルZ

毎度、ひと味違った誰得なユニークなネタを扱う事で人気のデイリーポータルZで、我が地元(の隣町)の史跡・水城跡が取り上げられてました。(『水城のインフラ殺到具合がおもしろい』 via デイリーポータルZ

水城(みずき)は、半島・大陸の侵略から「大宰府」を防衛するために築かれた、現大野城市と太宰府市に跨がる国防施設です。
663年の白村江の戦いでの敗北を契機として、当時最新鋭の土木技術を用いて築かれましたが、(幸いにも)実際の戦闘で活用される事はありませんでした。


上記マップの真ん中を斜めに走る緑地帯が水城跡で、東に少し行くと、大宰府(大宰府政庁跡があります。
なお、水城の南端部分の先は現在こそ住宅地となって開けていますが、当時は山であり、文字通り防壁の役目となっていました。

120429765
天拝山山頂から。写真中央の細長い緑地帯が『水城跡』で、右手に見えるのが『大宰府政庁跡』です。その裏の山は『四王寺山』です。

地図・航空写真を見ても分かる通り、現在は(当時もですが)この水城一帯は福岡県内でも屈指の交通の要所となっており、この狭いエリアに西鉄大牟田線・JR鹿児島本線・九州自動車道・福岡都市高速が集中しています。
デイリーポータルZはこの観点から記事として取り上げてて、非常に興味深い内容になってますので是非一読されるのをお勧めします。

太宰府天満宮は全国的にも知名度ありますが、その周辺となると取り上げられる事も殆ど無いので、こういう所で取り上げられると嬉しいですね。
最新記事
Twitter プロフィール
パソコンの故障修理やトラブルの解決、各種サポートの他、企業・団体向けITアドバイザーを行う「デジタルよろずや筑紫野」です。 筑紫野市を中心に、太宰府 小郡 筑前 朝倉 大刀洗 基山 鳥栖 等、福岡・佐賀の幅広いエリアを出張無料、見積もり無料でサービスを行っております。
メッセージフォーム

当ブログやデジタルよろずや筑紫野へのご意見・ご相談等についてはこちらからどうぞ。(非公開メッセージを送信出来ます。)

名前
本文
QRコード
QRコード