デジタルよろずや筑紫野 店長の雑記

仕事の事とか地域の事とか趣味の事とか雑多にぼやいてます。
バイクツーリングと野球観戦(ホークス)と競馬が好きです。
福岡と佐賀の県境ら辺に住んでます。

福岡県筑紫野市で、太宰府・大野城・小郡・筑前・朝倉・大刀洗・基山・鳥栖のエリアを中心に、パソコン/IT機器の出張修理・トラブル解決・ITサポートを地域最安値でやってます。
一部持ち込み修理も対応致します。(見積もり・出張料金は無料です)

デジタルよろずや筑紫野 ホームページ:https://www.digital-yorozuya.com/
ツイッター:https://twitter.com/digitalyorozuya
フェイスブック:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya

低山登山

天拝山 ⑤ ~登山道・石楠花谷ルート

前回記事:天拝山 ④ ~登山道・九州自然歩道(天拝湖登山口)ルート

一年半ぶりとなる天拝山の登山ルート記事となる今回は、天拝公園/武蔵寺を起点とする三つの登山道の一つ、『石楠花谷ルート』を紹介致します。

丁度、"九州自然歩道ルート"と、"天神さまの径ルート"の中間を通るルートになります。
 
DSC_1390
登山道の入口となる荒穂神社の鳥居。

DSC_1428
上述の入口鳥居からすぐの所に、『石楠花谷』の入口が見えてきます。
ここからさらに奥に進むと登山ルートに入れます。

20

DSC_3233
『石楠花(しゃくなげ)谷』
の名の通り、4月中旬から下旬に掛けてシャクナゲが咲き誇ります。 

DSC_1391

DSC_1393
この石楠花谷ルートは、地形図で見ると丁度谷になってる所を進む形になっており、治山工事済みの小川に沿って登っていく感じになります。

DSC_1392
開花時期には、この登山道の随所でも石楠花が見れます。

DSC_1394

DSC_1395

DSC_1400
階段もありますが、傾斜自体は比較的緩やかで、ここ数年でちゃんと整備もされたおかげもあって歩きやすい登山道になっています。
道自体も一本道で、迷う事はまずありません。(分岐はある事にありますが、いずれにしても他の2つのルートのどっちかに出ます)

DSC_1396

DSC_1397
途中に湧き水もあります。沢ガニとかよく居ます。(多分飲めません)
夏には、この湧き水を頭から被ったりして体冷ましてる人もいました。

DSC_1401
最後の分岐ポイントです。
そのまま右に行くと、"天神さまの径ルート"の「行者の滝」付近に出ます。
小川を跨いで左に行くと、"九州自然歩道ルート"の最後の階段前に出ます。
どちらかと言えば、左の方が正規ルートっぽいです。

DSC_1402
上記分岐ポイントから左に行った所です。
ここを真っ直ぐ進めば"九州自然歩道ルート"に合流し、山頂へ至る最後の地獄の階段が待ち構えております。

以上、天拝山『石楠花谷(しゃくなげだに)ルート』の紹介でした。
ホントは石楠花満開の時期に行くつもりでしたが、なかなか都合が付かずちょっと時期が過ぎた時になってしまいました。(冒頭の石楠花の写真は数年前のです)
その代わり、丁度武蔵寺の藤の花が満開になっており、今年も大変綺麗でした。

DSC_1412

DSC_1411
武蔵寺の『長者の藤』

『金立山』の山頂エリア(佐賀市金立町)に行ってみました

DSC_0925
金立山(きんりゅうさん)

金立公園と言えば、長崎自動車道の金立サービスエリアと直結している事でも知られている佐賀県有数の大規模公園ですが、その裏手にそびえる山は『金立山』と呼ばれています。
今回、その『金立山』の山頂まで行ってみました。


「川上峡」の割と近くにあり、「川上金立県立自然公園」に指定されています。

DSC_0942
金立公園から望む金立山

なお、山頂までは林道・金立山線が整備されており、今回はその「金立山林道」を通って山頂エリアまで向かう事にしました。(麓の金立公園からの徒歩登山用のルートもいくつかあり、こちらも人気です)

DSC_0930
この手の林道には珍しく、ほぼ全線で携帯(しかもLTE)が使えます。

上記の「金立山林道」は、弘学館中学/高校の入口付近を起点(ストリートビュー)として、山頂まで繋がっています。
一応全線舗装はされているものの、路面状態はあまり良くはなく、結構傾斜もあるため、50ccの原付とかではかなり厳しいと思われます。


林道の様子。なお、このストリートビューは山頂まで見れます。

起点付近からおよそ20分程で、やっと林道終点となる山頂エリアに到着。
この山頂には"金立神社上宮・奥の院"が鎮座しています。

DSC_0916
山頂が林道金立山線終点となります。駐車スペースもあり。

DSC_0929
"観音沢ルート"と呼ばれる登山道経由で山頂に来られる方も多いです。

DSC_0917
金立神社上宮の案内標識

DSC_0918

DSC_0920
鳥居があるので、ここから上宮・奥の院に行けます。

DSC_0922

DSC_0924
金立神社上宮・奥の院

地理的に言うと、上記の上宮・奥の院のある地点が、正確な標高501.8mの金立山山頂となります。
この山頂地点は周りが木々に覆われていて眺望はほぼゼロなのですが、ちょっと奥に進むと小道があり、こちらからだと佐賀平野~背振山地を眺望する事が出来ます。

DSC_0926
佐賀平野・神埼~久留米方面

DSC_0927
背振山地の山々

以上が山頂エリアの紹介となりますが、この金立山は佐賀市側の麓一帯全域も公園となっており(川上金立県立自然公園)、多くの遊歩道や散策道、あずま屋が整備されています。

DSC_0937
金立山の遊歩道案内看板

DSC_0932

DSC_0933
金立山林道の途中にある「金立山不老の滝」

DSC_0941

DSC_0940
林道の起点付近。この時期は、多種多様な花々が見頃となります。 

雪化粧の天拝山登山道

こちら福岡県でも先日、初めて積雪し一気に真冬に突入した感じの今日この頃です。

その積雪した日の翌日に、今年二回目となる天拝山登山に行って参りました。

過去に紹介した『天神様の径登山道』の尾根道付近。
こっちでは積雪する事自体が珍しいので、登り慣れた登山道ですが、普段と違ったカラーコントラストが綺麗でした。

7合目・行者の滝付近の山頂へ向かう登山階段。


山頂付近。この辺りになると、周りの雪も多く残ってました。


こちらは『正面登山道』側の山頂付近。

登山道自体は、天神様の径ルート・正面登山ルートいずれも特に泥濘んでるような事もなくて普段通りに通れました。 

なお、こちらの福岡地方では、今週末にかけて今年最強の寒波が到来するという予報がされており、なんと日曜(24日)の"最高"気温が-1℃とかいう大変恐ろしい事になってます。
このレベルの寒さに全く慣れてない九州人は、まさに戦々恐々状態です…。

大根地山(筑紫野市/飯塚市)-登山道~山頂・大根地神社

久しぶりの低山登山カテゴリーの記事となる今回は、標高651.9㍍の『大根地山』(おおねちやま)を紹介致します。

筑紫野市と、旧筑穂町(現飯塚市)との市境に位置します。

大根地山は、英彦山宝満山と並ぶ福岡県を代表する"修験山"の一つで、山頂の『大根地神社』を目指して古くから多くの山伏達が登山してきました。
*

山頂・大根地神社への登山道はいくつかあるのですが、今回紹介するのは、九州自然歩道に指定されている冷水峠(長崎街道)から登る一番ポピュラーな登山道です。(登山道入口には数台駐車スペースあります)
お車で、国道200号を通って冷水峠越えした事ある方は、「大根地神社」と大きく書かれた看板を見たことがあるんじゃないでしょうか。
*
*

この冷水峠登山口から山頂・大根地神社までの所要時間は、登りでおよそ50分程度です。
なお、一応車で大根地神社の下付近にある駐車場まで行く事は出来ますが、登山道の道幅がギリギリ車一台分程度しかなく離合ポイントも殆どない上、路面も舗装されてませんので、オススメはしません。
*
*
登山道はこんな感じで、舗装はされてません。歩いて登る分には何の問題もありません。
*
所々このような案内標識はありますが、ほぼ一本道なので迷う事はまず無いと思います。

10分程行くと、かつての長崎街道と登山道(大根地神社参道)との合流点が見えてきます。
ここは、旧山家宿(筑紫野市)と旧内野宿(飯塚市)のちょうど中間地点に位置しており、数多の歴史的著名人がここを通って"冷水越え"したそうです。
*
*
鳥居や郡境石、案内看板等があります。
*
*
長崎街道・冷水峠の紹介看板。深い歴史を持つ場所だと言うのが良く分かります。

さて、ここからが正式な大根地神社参道兼大根地山登山道となります。山頂まではまだまだです。
*
*
鳥居のある参道階段を登ります。
*
五分ほど階段を上がると、またこのような登山道を進むことになります。 

30分程行くと、6.7合目付近に駐車場があります。
車で行けるのはここまでとなっていますが、先述の通り、オフロードバイクでも無い限り徒歩で行くのをオススメします。 
*
駐車場。ベンチもあります。
*
実はここから先も車で行けなくもないのですが、このように急勾配の坂路になっておりかなりハードです。
*
この鳥居が見えたら、あともう少しです。
*
しかし、ここからさらに勾配がきつくなります…。

傾斜のきつい参道登山道を登りきると、ようやく『大根地神社』に到着です。
*
神社入り口の大鳥居です。
*
社殿へと続く鳥居。
*
*
*
大根地(おおねち)神社の社殿と御稲荷さん。
*
社殿付近からの眺望。右手に英彦山が見えます。
*
*
*
大根地神社の由緒案内標識と手水舎。 

この大根地神社、実は厳密には山頂にはなく、上述の神社入口にある社殿へ続く連なった鳥居の手前から先に行った所に山頂へと続く登山道があり、神社から更に5.6分程行くと大根地山の山頂へと辿り着きます。
*
*
山頂へと至る登山道。電波反射板(無給電中継装置)の横を過ぎます。
*
大根地山山頂。やや開けており、ベンチもあります。眺望は抜群です。
*
三郡山方面の眺望。
*
太刀洗~北野町方面の眺望。手前に見えるのは砥上岳です。
*
こちらは飯塚市街地方面の眺望。

と言うわけで、ちょっと長めの記事になってしまいましたが、大根地山・冷水峠口登山道の紹介でした。
この大根地山、同じ修検山である宝満山や英彦山と違って賑わいのある人気の山という訳ではないのですが、道中の登山道も大変登りやすく、県内でも有数の歴史ある山ですし、もうちょっと知名度が上がってくれるといいですね。

今年初の宝満山登山に行ってきました

29_houmanzan_graph[1]

福岡県内でも屈指の登山者を誇り、修験道の霊峰としても知られる『宝満山』(標高829.6㍍)に今年初登山してきました。


筑紫野と太宰府の市境にあり、麓にはお馴染み『太宰府天満宮』と『竃門神社』があります。 
*
登山前に竃門神社に寄りました。写真は社務所からの眺望。

毎年数回は登っているのですが、今回は竃門神社の横の内山林道を通って標高300m辺りの林道終点地点まで行き、そこから登山開始しました。
登山ルートとしては、所謂“正面登山道”と呼ばれる一般的なルート(の途中から)になります。
*
ひたすら岩の階段です。
*
*
正面登山道はとにかくこのような岩ばかりです。
尾根道のような所はなく、眺望も楽しめません。まさに修験の山です。
*
山頂近くにある“袖すり岩”。名称の由来はまんまです。

さて、このようなルートをおよそ一時間半程度掛けてひたすら登ると、山頂に到着です。
山頂は岩肌が剥き出しになっており、登山者の休憩ポイントとなってます。眺望もなかなかです。
*
宇美・須惠方面の眺望。奥には博多湾が見えますが、この日は天気は良かったものの、花粉やらPM2.5やらのせいで少し霞んでました。 残念。
*
こちらは夜須高原・古処山地方面の眺望。うっすらと英彦山も見えます。
*
こちらは大宰府政庁・二日市方面の眺望。手前に見えるのは、四王寺山です。

この日は平日でしたが、丁度春休みだった事もあり、山頂には結構な人数の方がおられました。
流石、英彦山・背振山と並ぶ福岡県三大霊峰の一つですね。 
ちなみに、下のタグに“低山登山”と一応つけましたが、竃門神社登山口から登山する場合は、それなりの登山装備はしておいたほうが良いと思います。 

小郡市/筑前町・城山(しろやま)-登山道~山頂


今回ご紹介するのは、筑後川以北の筑紫平野の真ん中にぽつんと位置する標高130mの低山、城山(しろやま)です。

小郡市筑前町の境にあり、地元では“じょんやま”と呼ばれています。また、別名として花立山山隈山とも表記される事があります。

西南側が小郡市で、東北側が筑前町です。近くには花立山温泉もあります。 

小郡側の麓には城山公園があり、地元ではこちらの公園名としての方が知られていますが、城山も山頂まで散策路が整備されていて、ハイキングコースとしてそれなりに人気があります。
*
*
山頂にある、城山の紹介案内看板。何気に歴史のある山です。

山頂への散策路(登山道)はいくつかありますが、一般的に利用されているのは、やはり城山公園からの散策路です。
*
*
四方を杉の人工林に囲まれた道をしばらく行きます。
なお、周りは民有地なため、散策路を外れて林に入ると不法侵入になりますのでご注意。
*
途中にある城山西國三十二番札所の祠。
*
*
歩きやすいように階段状に整備されてはいますが、雨の後は足下ぐちゃぐちゃになります・・・。

杉の雑木林の散策路をしばらく進むと、山頂にある日方神社の参道階段が現れます。
かなり心臓破りの階段ですので、気合いを入れ直して行った方が良いと思われます。
*
階段の下から。手すりがある分、まだマシでしょうか。
*
こちらは登りきった階段の上から。 

この参道階段を登りきった先が、城山の山頂になります。
山頂には、いくつかの神社や祠と展望所があります。
*
山頂にある神社の一つ、『花山権現様』とも呼ばれる日方(ひかた)神社
元禄15年に、彦山権現の分霊を祀ったのが始まりだそうです。
*
こちらは筑前町側にある愛宕(あたご)神社。
*
山頂展望台からの眺望。
けやき台~基山(きざん)方面になります。
*
こちらは鳥栖方面の眺望です。中央奥に、朝日山が見えます。

以上、小郡市と筑前町に跨がる城山の紹介でした。
低山登山というよりは、公園の延長の散策路という感じですが、最後に心臓破りの階段もあり、結構キツめだったりします。
特にこれといった見所があるような山ではないのですが、立地的にも分かりやすく車で行きやすい場所にあるので、ちょっとした体力作りで利用するのに丁度良いんじゃないでしょうか。

朝倉市・大平山-安見ヶ城山~山頂エリア

今回の地元地域紹介は、朝倉市・旧甘木市の大平山(おおひらやま)と、隣接する安見ヶ城山(やすみがじょうやま)の山頂エリアを紹介します。

城下町として有名な『秋月』の南に位置します。

標高315㍍の大平山は所謂『低山登山』向けの人気の山で、以前紹介した甘木公園からの登山道を利用して登山される方も多く見られます。(朝倉市提供の登山コースマップもあります

106590957
大平山・安見ヶ城山についての案内看板。秋月と深い関係にあった事が分かります。

また、上記のGoogleマップ衛星写真では少し分かり辛いですが、この山頂エリアはハイキングコースとしても整備されており、(かなり狭い山道を通りますが)車で直接山頂に訪れる事も一応可能となっております。
*
大平山・安見ヶ城山山頂エリアのハイキングマップ。
なお、水色で車道が描かれてますが、通常は閉鎖されていて通行は出来ません。
*
*
*
*
*
散策路。ちゃんと整備されたコースが複数ありますが、時期によっては蜘蛛の巣やらハチやらの襲撃に気を付ける必要があります・・・。
*
*
休憩所。春に訪れた時には、藤の花が頭上に咲いてました。

車道入口付近から10~15分程歩くと、大平山の山頂(上記ハイキングマップの左端)になります。
非常に眺望が良く、筑紫平野一帯を見渡す事が出来ます。
ただ、安見ヶ城山の山頂(マップ右端)は、周りが木々に囲まれており、眺望はゼロです。
*
赤いツツジ。写真奥が山頂・展望台です。
*
小郡方面の眺望。真ん中の小高い山は、小郡市唯一の山である「城山」です。 
*
手前が甘木市街地、奥は久留米・善導寺方面になります。
*
杷木~うきは市方面の眺望。
*
こちらが安見ヶ城山の山頂になりますが、木々に囲まれ眺望は出来ません。

以上、大平山と安見ヶ城山の山頂エリアの紹介でした。
次回は、甘木公園からの登山道も紹介したいと思います。
上記で紹介した以外の写真は、こちらをご覧下さい。

基山町・基山(きざん) ~ 山頂/基肄城跡

新年最初の地元地域紹介ネタは、福岡と佐賀の県境に跨がる基山(筑紫野市/基山町)の山頂・基肄城跡を紹介致します。
ちなみに、自治体としての『基山町』は“きやまちょう” 、山の名称としての『基山』は“きざん”と読みます。


県境に位置し、北側が福岡県筑紫野市、南側が佐賀県基山町になります。 

基山は、山頂エリアが比較的広く開けて整備されており、春・秋シーズンの休日には家族連れで草スキーをされる方も多く見かけます。
*
この斜面の上から滑り降りるとかなりデンジャラスです。この上が山頂になります。

斜面を登った先にある山頂には、かつて大宰府防衛の為に築かれた山城・基肄(きい)城の跡地と展望台等があります。
*
*
山頂の基肄城跡地。残念ながら、山城跡らしい跡は特になく、跡碑が建っているだけです。
*
「霊霊石」を祀る祠。昔、ここに荒穂神社がありましたが、今は麓に移転しています。
*
天智天皇欽仰之碑。基肄城が天智天皇時代に築城された事に由来します。

また、この基山は標高405mの低山ではありますが、山頂付近からの眺望は非常に素晴らしく、筑紫平野一帯が見渡せます。
*
鳥栖~久留米方面の眺望。
*
手前が小郡で、奥は田主丸方面。さらに遠方には耳納山地も見えます。
*
朝倉・杷木方面の眺望。写真中央さらに遠方が日田になります。
*
山家・夜須方面の眺望。
*
福岡方面の眺望。天気が良く見晴らしが良ければ、志賀島や能古島まで見渡せます。

以上、基山(きざん)の紹介でした。
なお、かなり広めの駐車場もあり、佐賀県道300号基山公園線をまっすぐ行けば、直接山頂エリアに車で行く事も出来ます。
登山する場合は、いくつかルートはありますが、麓の水門跡からの登山道が一般的なようです。

砥上岳(筑前町) ~砥上神社口登山道

先月号の福岡Walkerでも特集されていましたが、福岡~佐賀~北部大分には登りやすい低山が多くあります。
今回はその低山の一つ、筑紫野市のお隣・筑前町にある標高496.5mの砥上(とかみ)岳を紹介したいと思います。(筑前町役場作成のPDF登山マップもあります)

なお、地元ではそれなりに知られている山ではありますが、一般的には、先述のような地域観光情報雑誌でたまに組まれる低山ハイキング特集等でも取り上げられる事は殆ど無く、知名度は決して高くは無い低山です。
とは言え、登山シーズンになると、平日でも天気が良ければ数人の方とすれ違いますし、登山者自体は決して少なくはない、隠れた人気低山になってます。


砥上岳麓にある砥上神社からの登山道。この他にもいくつかルートがあります。
登山道入口。まずはここから林道のような砂利道を10分程度進みます。
御池(みいけ)と呼ばれる池(沼?)の横を通ります。
ここから本格的な登山道になります。
しばらくこのような石段の道が続きます。
石段を過ぎると、このような狭い山道になります。頭上の蜘蛛の巣に注意。
やや急峻になっている場所もありますが、鎖場のような所はありませんし、全体的には軽装でも安全且つ気楽に登る事が出来ます。
道中に分岐点はいくつかありますが、ちゃんと道標があるので迷う事はないと思います。 
蹄石。なにやら、神功皇后が乗馬した馬の蹄の跡だとか・・・。
登山道は大半が松林ですが、山頂付近になると植生が変わってきます。
山頂エリア。少し開けた感じになっており、小さな祠等があります。
山頂からの望む、大刀洗町方面の眺めです。
展望台のようなものはなく周りには木々もあるため、360°パノラマとはいきませんが、眺望は悪くありません。
手前の方が古処山地で、奥の方には英彦山山地が眺望出来ます。

以上、筑前町の砥上岳をご紹介致しました。
ちなみに、砥上神社からのコースですと、登山時間は大体往復で三時間程度です。  

天拝山 ④ ~登山道・九州自然歩道(天拝湖登山口)ルート

前回記事:天拝山 ③ ~登山道・天神さまの径ルート(+石楠花谷ルート)
次回記事:天拝山 ⑤ ~登山道・石楠花谷ルート


以前、三回に分けて天拝山を紹介させて頂きましたが、今回は更にもう一つの人気登山コース、筑紫野総合公園・天拝湖方面から九州自然歩道を辿る登山道を紹介します。

DSC_3327
登山道案内看板。今回は天拝湖方面から山頂へ向かうルートです。

以前紹介した登山道(天神さまの径ルート天拝公園正面登山ルート)と比べると、よりアップダウンが厳しく、一般的な“低山登山”を体感出来るルートとなっており、距離も倍ほどあります。
とは言え、こちらの登山コースも人気が高く、天気の良い休日の場合には、十数人くらいの方とすれ違います。

登山ルートのGPSトラッキングログ。主に尾根伝いを進むルートで、九州自然歩道に認定されている事もあり、登山道はよく整備されています。
なお、手前に見える湖が、上水道用ロックフィルダム・山口調整池、通称『天拝湖』です。
天拝湖北西側の筑紫野総合公園駐車場横に登山道の入口(兎ヶ原林道)があり、しばらくこのような杉林の林道を進みます。
登山口から兎ヶ原林道を15分ほど行くと、天拝山へと向かう九州自然歩道ルートと合流します。 
九州自然歩道に入ると、しばらく竹林が続きます。ここからは尾根伝いに進む事になります。
常緑樹が広がり、比較的多様な植生が見られます。
休憩出来るベンチもいくつかあります。 
竹林を抜けると、階段が多くなり、よりアップダウンがキツくなってきます。
先述の通り、この登山コースは尾根伝いに進む形になっているため、しばらく上ったり下ったりを繰り返します。
天拝山山頂近くになってくると、このような段数・段差のある階段が多くあり、なかなかシビアになってきます。

さて、最後の急峻なポイントを抜けると、以前紹介した『天神さまの径』ルートと合流し、その合流点から5分ほど登れば山頂に到着です。
山頂展望台からの眺望。
真ん中正面の高い山が宝満山で、その麓左下にある青っぽい家根の建物が九州国立博物館です。 
手前に広がる町並みは、二日市市街地です。 

なお、行きと同じルートを下って筑紫野市運動公園の入口駐車場まで戻って来るのが一般的ではありますが、体力的・時間的に余裕がある方は、山頂到着後、武蔵寺・天拝湖方面の正面登山道をそのまま下りて筑紫野インター側に向かい、天拝山をぐるっと右回りする形でまた運動公園の入口駐車場に戻って来る、というようなルートをとられる方もおられるようです。
最新記事
Twitter プロフィール
パソコンの故障修理やトラブルの解決、各種サポートの他、企業・団体向けITアドバイザーを行う「デジタルよろずや筑紫野」です。 筑紫野市を中心に、太宰府 小郡 筑前 朝倉 大刀洗 基山 鳥栖 等、福岡・佐賀の幅広いエリアを出張無料、見積もり無料でサービスを行っております。
メッセージフォーム

当ブログやデジタルよろずや筑紫野へのご意見・ご相談等についてはこちらからどうぞ。(非公開メッセージを送信出来ます。)

名前
本文
QRコード
QRコード