デジタルよろずや筑紫野 店長の雑記

仕事の事とか地域の事とか趣味の事とか雑多にぼやいてます。
バイクツーリングと野球観戦(ホークス)と競馬が好きです。
福岡と佐賀の県境ら辺に住んでます。

福岡県筑紫野市で、太宰府・大野城・小郡・筑前・朝倉・大刀洗・基山・鳥栖のエリアを中心に、パソコン/IT機器の出張修理・トラブル解決・ITサポートを地域最安値でやってます。
一部持ち込み修理も対応致します。(見積もり・出張料金は無料です)

デジタルよろずや筑紫野 ホームページ:https://www.digital-yorozuya.com/
ツイッター:https://twitter.com/digitalyorozuya
フェイスブック:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya

IT・デジタルネタ

サーバー移転しました&Wordpress引っ越しメモ

Logo4

遅ればせながら、明けまして御目出度う御座います。今年もデジタルよろずや筑紫野を宜しくお願い申し上げます。

今年は色々新規事業を予定しており、それに伴い、上記タイトル通り公式サイトの運用サーバーを移転致しました。
これ自体は特に問題なく行えたものの(DNSの更新にやたら時間が掛かりちょっと焦りましたが)、問題は現在製作中のWordpressページの方でした…。

という訳で、個人的メモも兼ねて、Wordpressの引っ越し(サーバー移転)の際の注意点やら何やらを書いておきます。

 バックアッププラグインを使って引っ越し
 All-in-One WP Migrationを用いてバックアップ。通常は、エクスポートしたファイルをローカルに保存するのですが、何故か”500 Internal Server Error”が出てエクスポート出来ず。ただ、バックアップデータ自体はサーバー上に出来ていたため、FTPからアクセスして”ai1wm-backups”内の.wpressファイルをDLし、新サーバーの方でインポート。

 いきなり問題発生
 Wordpressバックアッププラグインを用いての別サーバー引っ越し自体初めてだったため、当初は上記手順で何の問題も無く出来る・・・と思っていましたが、いざページ表示をテストするとSQLのエラーログがずらずらと。
 どうやら、使用中のテーマ(Simplicity)の子テーマカスタムCSS参照ディレクトリが、移転前のサーバーのままになっている模様。
All-in-One WP Migrationでは、SQLの設定自動書き換えが完璧には行えないようで、サーバー管理ページから、データベース設定→phpmyadminでMySQL管理ページにログインし、SQLを書き換える事に。
ちなみに、テーマの削除→再サブスクライブでは駄目でした。

 MySQLデータベース書き換えでまたトラブル
 とりあえず全テーブルをエクスポートし、エディタから旧アドレスを新アドレスに全置換えを行い、インポート・・・するもエラー頻発。原因は、エクスポートファイルが2000KBを超えていたためらしい。
 仕方ないので、上記インポートファイルからどのテーブルのどのOption_IDやOption_nameに編集箇所があるのかを探し出し、構造タブから該当テーブルを手動書き換えする事に。
結果、無事エラーは解消されました。

 独自追加ウィジェットエリアで問題発生
 ところが、今度はテーマに独自追加したウィジェットエリアに導入したSiteOriginウィジェットがインポート(リストア)出来てない事が判明。ただ、これに関しては、Widget Importer & Exporterプラグインを用いてあっさり移転完了しました。

 依然残る問題点
 Wordpressダッシュボードで、プラグインを用いてバックアップしたデータをエクスポートする時や、phpmyadminでテーブル検索する歳に500エラーが出る原因が解消できず。
この点に関しては、サーバーの問題(仕様)の可能性もあると思います。現在も調査中です。

という訳で、結局ここまで至るのに半日近く掛かってしまい、自分の未熟さを痛感致しました…。(良い勉強にはなりましたが)
ゴリゴリにテーマをカスタマイズしてたのがアダとなった形です。

次に行うものとしては、現在Outlook.comで運用している独自ドメインメールを、今回新規移転したメールサーバに変更する事(DNSレコードを書き換えるだけですが)ではありますが、Outlookのスマホアプリはこれはこれで便利なので悩ましい所です。

『VMWare』でホストPCの物理USBメモリからブートさせる方法

無料でも利用可能な定番仮想化ソフト『VMWare』で、ホストPCに接続された物理リムーバブルデバイス(USBメモリや光学ドライブ等)からブートさせる方法をご紹介します。(方法はいくつか存在するようですが、この方法が最もシンプル且つ確実だと思います)

  1. 物理USBブート専用の仮想マシンを新規作成
    既存の仮想マシンを使っても良いのですが、新しく作った方が色々便利・安全です。
    インストールOSの選択では、Ubuntu系をブートさせたいのであれば、Ubuntuを選択するのがベターかと。(正直あまり関係無いですが)

  2. Plop boot managerを入手
    USBブート未対応のPCからでも無理矢理ブートさせられる神ツールが『Plop boot manager』です。
    こちらから入手されて下さい。

  3. Plop boot managerを仮想マシンのMBRにインストール
    上記でDLし解凍した中のInstallフォルダに「plpbtin.iso」ってのがありますので、このISOファイルを仮想マシンにマウントして起動(パワーオン)します。
    Plop boot manager Install programが立ち上がりますので、”[1] Full boot manger install”から仮想マシンのMBRにPlop boot managerを書き込みます。

  4. 仮想マシンにブートさせたいデバイスを接続
    仮想マシンのウインドウ上部のツールバーに接続可能な物理デバイス一覧がありますので、そこからブートデバイスを選択・接続します。USBのみならず、光学ドライブや、外付けHDDからもブート可能です。(多分)

  5. Plop boot managerの起動メニューからブートデバイスを選択
    MBRにPlop boot managerが書き込まれた状態で仮想マシンを起動すると、最初にPlop boot managerが立ち上がりますので、そこからUSBなりCDなりを選択すればブート出来ると思います。

以上となります。
普段から仮想マシンをある程度使い慣れてる方ならば、難なく出来ると思います。
ただし、各種組み合わせの相性等で起動しない可能性もありますので、その場合はUSBメモリを変えてみたり、ブータブルメディアの作り方を変えてみたり等をされてみてください。
なお、3.に関しては、MBRに書き込まずに、Plop boot managerをCDに焼いて、それをISO化したものを仮想マシンにマウントさせるという手もあります。

『Linux Mint』を入れたらまずやる事の個人メモ

mint-logo-white-bg2

Linux Mint』は、使い易さと快適性を重視して作られた、UbuntuベースのLinuxディストリビューションの一つです。
私はCinnamonエディションを個人用としても仕事用としても愛用させて頂いてるのですが、今回は個人メモとLinux mintの普及促進も兼ねて、インストールした直後にまず行うべき事をまとめてみます。

  • パッケージダウンロードサーバの設定と諸々のアップデート
    こちらのページを参考にしながら、パッケージをダウンロードする際のサーバーロケーションを日本に変更し、その他諸々の更新を実行。
  • Google Chrome for Linuxの導入
    いくつか方法はあるのですが、下記の方法が一番簡単です。同期もちゃんと出来ます。
    なお、下記の方法はUbuntu共通です。(多分)
  1. Chromeのリポジトリを追加
    sudo sh -c 'echo "deb http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main" >> /etc/apt/sources.list.d/google.list'
  2. Google署名キーを導入
    sudo wget -q -O - https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub | sudo apt-key add -
  3. パッケージインデックスファイルのアップデート
    sudo apt-get update
  4. Chromeのインストール
    sudo apt-get install google-chrome-stable
  • Gpartedの導入
    ご存知パーティション管理ツール。(機能は限定的ですが)
    独自パッケージ管理ツール「Mintinstall」から導入。
  • Grub Customizerの導入
    Grub編集ツール。こちらも「Mintinstall」から。
  • WINEの導入
    LinuxでWindowsのアプリケーションを使えるように出来るかもしれないツール。
    ただ、無理にWindowsのアプリを使うくらいなら、代替のものを探した方が賢明かと思われます。こちらも「Mintinstall」から。
  • 完全日本語化(任意)
    こちらのページを参考にしながら、利用中のエディション毎に実行。
    ただ、最新バージョンでは、特に何もしなくてもインタフェースの日本語化と日本語入力は問題無い模様?
とりあえず、最低限行う事は以上です。
その他、Libre Office等はデフォルトでインストール済みです。

Avast、複数のランサムウェアに対応した修復ツールを公開

現在、世界中で猛威を振るっているランサムウェアですが、その感染を修復出来る(かもしれない)ツール群が、アンチウイルスウェアで有名なAvastから無償公開されております。(以下URLを参照下さい)
Free Ransomware Decryption Tools | Unlock Your Files | Avast
ページは全て英語にはなるのですが、感染したランサムウェアがどういうものかを見分けるためのスクリーンショットと共に紹介されているので、Google翻訳等を駆使すればある程度は理解出来るかと思われます。

ss_354
例えば、修復したいランサムウェアの暗号化方式が”NoobCrypt”の場合は、上記のようなメッセージやドクロマークの画面が表示されるらしいので、下のオレンジボタンからFix(修復)ツールをダウンロードして実行する、という事になります

…とは言うものの、実際の所、同じ種類のランサムウェアであっても暗号化方法を微妙に変えてきたり、新種もどんどん出てきたりしているので、これらのツールを使っても修復・復旧出来るかどうかはかなり微妙です。(ランサムウェアの中には、ギリギリ修復可能な”タイミング”なんてのもあったりします)
とりあえず、もしランサムウェアと思われる有害プログラムに感染してしまったと感じたら、PCをシャットダウンせず、そのままの状態で即座にPC修理業者を呼ぶ、ってのが最善策だと思います。(エリア内にお住みの方は、デジタルよろずや筑紫野にご連絡下さい)

先月Windows Updateで配信された『KB3213986』による不具合と対処法

Windows-10-Update-problems

 どんな不具合?
2017年1月度のWindows Updateで配信されたWindows10用修正プログラムKB3213986が原因となり、3Dゲームや動画の再生において表示がおかしくなったり映像が遅延したり等の不具合が報告されています。(TH1向けの『KB3210720』、TH2向けの『KB3210721』でも報告があるようです)
この不具合が最も発現しやすいのは、マルチモニタ(HDMIでTV出力等も含みます)環境にしている事、だそうです。

 対処法について
2017年2月12日現在、上記不具合の修正パッチ『KB3216755』がMicrosoft Updateカタログページで公開されています。
下記のリンクから、自身のWindows10に合わせたものをダウンロード・インストールされてください。(MSUファイルの直リンです)
なお、これらの修正パッチは、現時点ではなぜかWindows Updateでは配信されておりません。
32bit/64bitの判別は、スタート→設定→システム→バージョン情報からご確認下さい。

 

突然「インターネットなし」になった場合の対処法(Windows10)

Windows-10-Update-problems

今月初旬頃から、突然「インターネットアクセスなし」の表示が出て、WiFi(LAN)には繋がっているものの、インターネットに繋がらなくなるケースが散発しております。

原因としては、毎度おなじみWindowsUpdateが挙げられてはいますが、詳細は未だ不明なようです。
(※1/8追記:やはり、12/9頃に配信されたKB3201845が悪さして、DHCPがおかしくなってしまったのが原因だったようです)
とりあえず、こうなってしまった場合の対処法をご紹介しようと思います。

 「インターネットアクセスなし」の修復方法

左下のスタートボタンからシャットダウンする際に、Shiftキーを押しながら”シャットダウン”をクリックし、完全シャットダウンを実行します。(「高速スタートアップ」を無効にしてる場合は必要ありません)

ルータ(※1)モデム/ONU(※2)をコンセントから引き抜いて機器の電源をオフにし、五分ほど放置します。
※1・・・据え置き型ルータの場合はこんな感じのものです。モバイルルータだとこんな感じです。
※2・・・モデム/ONUとは、こういう感じの装置です。(契約しているインターネット回線の種類で呼び方が異なります)

モデム/ONU→ルータの順に再度コンセントを指して電源をオンにし、更に五分ほど待った後、パソコンの電源を入れます。

基本的にはこれで治ると思います。
もしこれでも駄目なようでしたら、こちらのページも参考にされてみて下さい。
なお、今月初旬から急に起きるようになったのではなく、以前から上記症状が起きてる場合でも、上記手順でインターネット接続関連のトラブルは治る場合もあります。

Windows10の自動アップデートを簡単に制御できる『Windows10 設定変更ツール』

Windows10以降、「Windows Update」の適用タイミングが変更されたせいで、不意なタイミングで再起動食らったり、アップデートプログラムの影響で動作が不安定になったりする等、このWindows Updateに起因するトラブルが非常に増えてしまっています。

今回紹介するWindows10 設定変更ツールは、Home版でもWindows Updateの適用タイミング等を簡単に設定する事が出来る非常に便利な無料ソフトです。(ダウンロードはこちらから)

img5
設定画面は非常にシンプルです。

上記画像の赤枠部分がWindows Updateに関する設定項目なのですが、一番下の「更新プログラムを確認しない」に設定すると、手動でのみアップデートがダウンロード・インストールされるようになります。(推奨はしませんが・・・)

この他、「自動メンテナンス」の自動実行を無効化したり、アシスタントプログラムのCortana(Windows版のSiriみたいなもの)の無効化の設定も変更可能です。
後者に関しては特にパフォーマンスに影響する事はないのですが、「自動メンテナンス」に関しては、特にかなり低スペックなPCの場合にこれが原因で動作が不安定になる場合もありますので、とりあえず自動実行は無効にして、PCを使ってない時間に手動で実行するように設定してみてもいいかもしれません。

サポート終了した超便利Chrome拡張機能『Evernote Clearly』の導入方法

evernote-clearly-top-2

Google Chrome向け拡張機能(エクステンション)『Evernote Clearly』は、テキスト主体のウェブページをワンクリックで読みやすくしてくれる大変便利な拡張機能でしたが、今年の初めに残念ながら配布停止になってしまいました。(何らかの異常動作とかがあった訳でもなく、理由は不明です)
今回は、その『Clearly』Chromeに強制導入する方法をご紹介致します。

ss_345
例えばこういうテキスト主体のページを・・・

ss_346
このように切り替えできます。(表示方法はカスタマイズ可能です)
  1. こちらのリンクからZIPファイルをダウンロードし、適当な場所に解凍します。
  2. Chromeの「設定」「拡張機能」を開き、上記で解凍して出てきた「extension_10_6_1_8.crx」ファイルを、「拡張機能」のページにドラッグ&ドロップします。
  3. 「Clearlyを追加しますか?」というポップアップが出てきますので、「拡張機能を追加」をクリックします。
以上ですが、今後のChromeのバージョンアップによって方法が変わる場合もあります。

ちなみに、この「Clearly」、サポート終了した際に私も代わりを色々探してみたのですが、これといったものは見つけられませんでした。(Webクリッパーでは正直勝手がかなり違い、代わりにはなれませんでした)
もしこれの代わりになるようなものをご存知の方がおられましたら、是非お教えください…。 

再起動後、スタートメニューが開かなくなった場合の対処法(Windows10)

computer_monku

Windows10
で、パソコンを再起動後、画面左下の窓の形の「スタート」ボタンをクリックしても無反応で開かなくなってしまった・・・という時の対処法を、仕事メモがてら書いてみます。

まずそもそもとして、この症状は「グラフィックスドライバ」が原因となっている事が多いです。
特に、nVidiaのGPUを搭載したPCに多くみられるようですので、今回はその"nVidiaGPUのグラフィックスドライバ"が原因となっている場合の解決法を簡単に書き連ねてみたいと思います。

① まずは原因を特定する
本来ならスタートメニューからコントロールパネルを開くのですが、今回はそれは無理なので、デスクトップのPCアイコンのプロパティを開き、そこから「すべてのコントロール パネル項目」に移動し、「セキュリティとメンテナンス」→「メンテナンス」→「信頼性履歴の表示」とクリックし、「信頼性モニター」を開きます。
その中に、赤い×マークの「重要なイベント」の項目があると思いますので、その中に「ShellExperienceHost.exe」「動作が停止しました」というエラーがあれば、ほぼ間違い無くグラフィックスドライバが起因となっているものなので、②以降の手順で解決出来るかと思われます。

② 現在のバージョンのドライバを削除
コントロールパネルの「プログラムと機能」から、「nVidiaグラフィックスドライバ」を探し、アンイントールします。(GeForce Experience等はそのままでOKです)

③ 古いバージョンのドライバをダウンロードし、インストール
こちらのページから、自分の使用環境を選択→検索し、一個前くらいのバージョンのドライバをDLし、インストールします。

④ wushowhide.diagcabを用いて、ドライバ自動更新をOFF
そのまま放っておくとまた勝手にドライバが更新されてしまうので、MSから配布されているwushowhide.diagcabと呼ばれるWindowsUpdate制御ツール(使い方はこちらを参照下さい)を用いて、該当ドライバの自動更新のみオフにします。(”nVidia” ”Graphics” ”Driver”というワードで、それらしい該当項目が見つかると思います)

以上で、 "nVidiaのグラフィックスドライバ"が原因となっている場合のスタートメニューが開かないトラブルは解決出来るかと思われます。
さくっとまとめると、要は「ちゃんと動いてた時のバージョンのドライバに戻して、自動更新をさせないようにしましょう」って事ですね。
これで直らない場合は、「システムの復元」を使って、以前のポイントに戻す等を試されてみるといいかもしれません。

ChromeでGoogleマップの3D表示が出来なくなった場合の対処法

先日、タイトルの件でご相談がありましたので、メモがてら書いてみようと思います。

 「Google Chrome」を使っていて、突然「Googleマップ」のEarthビュー(衛星画像表示)で3D表示メニューが出なくなったケースの対処法
  1. Chromeのキャッシュ/クッキーを削除する
    Chromeの一番右上にある設定メニューから「設定」をクリック→一番下の「詳細設定を表示」をクリックし、「プライバシー」の項目の「閲覧履歴データの消去」をクリック→「キャッシュされた画像とファイル」と「Cookieなどのサイトデータとプラグイン」の二つのみをチェックし「閲覧履歴データを消去する」をクリック
    なお、クッキーを削除すると、ブラウザゲームの保存データ等が消える可能性がありますのでご注意下さい。

  2. 「強制フル3Dモード」でGoogleマップを開く
    https://www.google.co.jp/maps/preview/?force=webgl
    上記のURLリンクからGoogleマップを開いてみてください。(1をやる前に先にこちらをやってみてもいいかもしれません)
    何らかの原因でライトモードになっていたGoogleマップを、WebGLを強制有効してフル3Dモードに戻すアドレスです。

  3. (2で駄目な場合)「Chrome クリーンアップ ツール」を用いてChromeを完全リセットする
    詳しい使い方はこちらをご参照下さい。
    Chromeの全てのデータをクリーンアップして、新規インストール直後に戻す方法で、ブラウザが破損していたり、不審なエクステンションやプラグインが悪さしてる場合に有効です。

  4. (3で駄目な場合)グラフィックスドライバ(GPUドライバ)を更新する
    PC側のグラフィックスドライバの動作不良が原因で、Googleマップが強制的にライトモードで固定されてる場合があります。
    この場合は、一度グラフィックスドライバをアンインストールした後、お使いのGPUメーカーの公式ページからドライバを入手して再インストールされてみて下さい。
以上で解決すると思われます。
ちなみに、先日ご依頼があった案件では、結局GPUドライバの問題だったみたいで、Windows Update経由で勝手に更新されたドライバを専用ツールを用いて完全削除した後、公式ページから最新ドライバを入れ直した所、無事直りました。
最新記事
Twitter プロフィール
パソコンの故障修理やトラブルの解決、各種サポートの他、企業・団体向けITアドバイザーを行う「デジタルよろずや筑紫野」です。 筑紫野市を中心に、太宰府 小郡 筑前 朝倉 大刀洗 基山 鳥栖 等、福岡・佐賀の幅広いエリアを出張無料、見積もり無料でサービスを行っております。
メッセージフォーム

当ブログやデジタルよろずや筑紫野へのご意見・ご相談等についてはこちらからどうぞ。(非公開メッセージを送信出来ます。)

名前
本文
QRコード
QRコード