Windows-10-Update-problems

今月初旬頃から、突然「インターネットアクセスなし」の表示が出て、WiFi(LAN)には繋がっているものの、インターネットに繋がらなくなるケースが散発しております。

原因としては、毎度おなじみWindowsUpdateが挙げられてはいますが、詳細は未だ不明なようです。
(※1/8追記:やはり、12/9頃に配信されたKB3201845が悪さして、DHCPがおかしくなってしまったのが原因だったようです)
とりあえず、こうなってしまった場合の対処法をご紹介しようと思います。

 「インターネットアクセスなし」の修復方法

左下のスタートボタンからシャットダウンする際に、Shiftキーを押しながら”シャットダウン”をクリックし、完全シャットダウンを実行します。(「高速スタートアップ」を無効にしてる場合は必要ありません)

ルータ(※1)モデム/ONU(※2)をコンセントから引き抜いて機器の電源をオフにし、五分ほど放置します。
※1・・・据え置き型ルータの場合はこんな感じのものです。モバイルルータだとこんな感じです。
※2・・・モデム/ONUとは、こういう感じの装置です。(契約しているインターネット回線の種類で呼び方が異なります)

モデム/ONU→ルータの順に再度コンセントを指して電源をオンにし、更に五分ほど待った後、パソコンの電源を入れます。

基本的にはこれで治ると思います。
もしこれでも駄目なようでしたら、こちらのページも参考にされてみて下さい。
なお、今月初旬から急に起きるようになったのではなく、以前から上記症状が起きてる場合でも、上記手順でインターネット接続関連のトラブルは治る場合もあります。