computer_monku

Windows10
で、パソコンを再起動後、画面左下の窓の形の「スタート」ボタンをクリックしても無反応で開かなくなってしまった・・・という時の対処法を、仕事メモがてら書いてみます。

まずそもそもとして、この症状は「グラフィックスドライバ」が原因となっている事が多いです。
特に、nVidiaのGPUを搭載したPCに多くみられるようですので、今回はその"nVidiaGPUのグラフィックスドライバ"が原因となっている場合の解決法を簡単に書き連ねてみたいと思います。

① まずは原因を特定する
本来ならスタートメニューからコントロールパネルを開くのですが、今回はそれは無理なので、デスクトップのPCアイコンのプロパティを開き、そこから「すべてのコントロール パネル項目」に移動し、「セキュリティとメンテナンス」→「メンテナンス」→「信頼性履歴の表示」とクリックし、「信頼性モニター」を開きます。
その中に、赤い×マークの「重要なイベント」の項目があると思いますので、その中に「ShellExperienceHost.exe」「動作が停止しました」というエラーがあれば、ほぼ間違い無くグラフィックスドライバが起因となっているものなので、②以降の手順で解決出来るかと思われます。

② 現在のバージョンのドライバを削除
コントロールパネルの「プログラムと機能」から、「nVidiaグラフィックスドライバ」を探し、アンイントールします。(GeForce Experience等はそのままでOKです)

③ 古いバージョンのドライバをダウンロードし、インストール
こちらのページから、自分の使用環境を選択→検索し、一個前くらいのバージョンのドライバをDLし、インストールします。

④ wushowhide.diagcabを用いて、ドライバ自動更新をOFF
そのまま放っておくとまた勝手にドライバが更新されてしまうので、MSから配布されているwushowhide.diagcabと呼ばれるWindowsUpdate制御ツール(使い方はこちらを参照下さい)を用いて、該当ドライバの自動更新のみオフにします。(”nVidia” ”Graphics” ”Driver”というワードで、それらしい該当項目が見つかると思います)

以上で、 "nVidiaのグラフィックスドライバ"が原因となっている場合のスタートメニューが開かないトラブルは解決出来るかと思われます。
さくっとまとめると、要は「ちゃんと動いてた時のバージョンのドライバに戻して、自動更新をさせないようにしましょう」って事ですね。
これで直らない場合は、「システムの復元」を使って、以前のポイントに戻す等を試されてみるといいかもしれません。