00001

今月30日までの期間限定で入場料が無料(通常は大人1030円)となっている、鯛生金山(たいおきんざん)』に行って参りました。


八女市矢部村をさらに東へ行った先にある、日田市中津江村に位置します。
交通アクセスマップはこちら

「鯛生金山」は文字通り、かつて存在した巨大な金鉱山跡の一部を回遊して巡れるようにした”博物館”となっており、正式には鯛生金山地底博物館と言います。
他にも、道の駅砂金採り体験施設等も隣接しております。

DSC_2132
こちらが入り口です。当時の坑道入り口をそのまま使ってます。

DSC_2134
坑内案内マップ。大体4、50分程度で回れます。かなり広いです。

DSC_2159

DSC_2169
坑内通路はこんな感じです。
閉所/暗所恐怖症な方にはちょっとアレですが、逆にこういうところが好きな方にはなかなか堪りません。
中は一年を通して15℃程度に保たれており、やや肌寒いレベルです。

DSC_2140
坑道を走っていた輸送用ダンプトラック。

さて、入り口から5分ほど行くと、最初にして最大の見どころ「竪坑ゾーン」の、「竪坑巻上機」「第一竪坑」が見えてきます。

DSC_2142

DSC_2143
こちらが「竪坑巻上機」(たてこうまきあげき)です。下記の「第一竪坑」から竪坑ゲージを引き上げるマシーンです。
出力200馬力で、毎分300mの速さで巻き上げる事が出来たそうです。

DSC_2147

DSC_2150
深度510mという、とんでもない深さを誇る「第一竪坑」です。
当然ながら、底は全く見えません。

DSC_2154
掘削した岩石を運び出すロッカーショベル。

DSC_2155
坑内温度が一年を通して一定なのを利用して、お酒等の貯蔵にも活用しています。

DSC_2156
「竪坑ゾーン」を過ぎたところにあるフォトギャラリー。
当時の採掘の様子や、鯛生金山の構造図等が展示されています。

DSC_2165

DSC_2161

DSC_2163
坑道を支える木組みにも、いろいろ種類・呼び名があるようです。

DSC_2162

DSC_2180

DSC_2181
各所に、このような当時の採掘風景を再現したマネキンの皆様がおられます。
近づくと喋って動き出すタイプもあり、所見だとややビビります。

DSC_2183

DSC_2184
坑内には、このような「山神社」や・・・

DSC_2185

DSC_2187

DSC_2188
こちらのような「黄金夫婦鯛」や「願掛け鯛」といった、縁結びや金運を呼びこむ(らしい)、縁起のよさそうなのもあります。実物は写真以上に金ピカです。

DSC_2174
突如現れる、やたら幻想的なイルミネーショントンネルゾーン。(暗すぎて巧く撮れませんでした…)
BGMまで幻想的な感じのが流されております。

ここまでが鉱山内部坑道となります。
坑道入口手前にも、鉱山模型や各種鉱石等を展示しているところや、お土産物屋等もあります。

DSC_2194

DSC_2196
鉱山最盛期の周辺エリアと坑道の模型。その規模の大きさがよくわかります。

以上が「鯛生金山」でした。
私自身今回訪れたのは三度目でしたが、普段はそれなりのお値段がするので、ぜひ無料期間中の今行かれる事をおすすめします。(平日なら結構空いてます)
ちなみに、この鯛生金山の前を通る国道を更に東へ向かうと、小国町や杖立温泉に行けますので、こちらにも立ち寄られてみてもいいですね。