同じ「筑紫地区」に属し、我が筑紫野市のお隣である大野城市が、住民基本台帳による統計で遂に人口10万人に到達したとの事です。
 大野城市、人口10万人 県内9番目
大野城市と言えば、我が筑紫野市や春日市と並ぶ、福岡都市圏に属する筑紫地区を代表するベッドタウンの一つで、福岡ソフトバンクホークスの正セカンド・本多雄一内野手の出身地でもあります。
我が筑紫野市、そして春日市ともに既に10万人を超えており、大野城市も前回国勢調査で10万人まで残り500人と迫っていたため、10万超えは時間の問題とは言われていましたが、今回の統計でそれが漸く達成されたという事になります。

この筑紫地区の三市、コレと言った観光資源無し・JR鹿児島本線と西鉄大牟田線の駅アリ・人口もほぼ同じくらいで且つ増加中と、いずれも典型的なベッドタウンと言った様相で市の特徴が似通っている事もあり、割とよく比較されたりします。

70375598
大野城いこいの森・牛頸ダムから望む大野城~春日方面(2012年4月撮影)

ちなみに、春日市役所と大野城市役所は直線距離で1kmくらいで目と鼻の先にあり、また県外の方が通称"5号線"を通って福岡→筑紫野方面へ向かうと、春日→大野城→大宰府→筑紫野市をあっと言う間に通り過ぎてしまうため、この辺の市はどんな形してるんだと不思議がられる事もあります。
春日市はそうでもないですが、確かに大野城市・太宰府市・筑紫野市はいびつな形状になってるため、同じ市出身でも生活圏が全然異なるため、イマイチ地元話が通じないなんてケースも割とよくあります。