win10

先日無償アップグレードが終了した『Windows10』ですが、初期状態で有効になっている『高速スタートアップ』と呼ばれる機能が様々な不具合・異常動作の原因になっているようで、8/12現在ではこの機能を"無効"にするよう推奨されています。
今回は、この『高速スタートアップ』を無効化する手順と、そもそもこの機能は何なのか?という事について簡単に紹介致します。

 そもそも『高速スタートアップ』とは何なのか?
実はWindows8.1から存在しているこの『高速スタートアップ』、文字通りの意味で"スタートアップ(起動)"を"高速"にするもので、過去のOSにあった「休止状態(ハイバネーション)」に似たような仕組みになっています。(ただ、「休止状態」はWindows10にもまだあります)
Windows10では初期状態(デフォルト)で有効になっているため、基本的には以下の手法を自分で行わなければ無効化は出来ません。

 有効化した場合の問題点
つい先日も、これに起因すると思われるトラブルに対処してきたのですが、現在最も多く報告されているのが、"終了時と起動時にPCの構成に変化があった際に様々な不具合が生じる"というものです。
具体例を挙げると、"USB外付けHDDを付けたままシャットダウンした後、この外付けHDDを外してからPCを起動し再度その外付けHDDを接続しても認識をしない"と言ったようなトラブルケースが考えられます。
上記以外にも、"起動は速くなるが終了が異常に遅くなる""起動時のWindowsUpdateによる更新作業が終わらない""起動時にNumlockがオンにならない""起動時にブルースクリーンエラー(BSOD)が発生する"等々、様々なものが報告されています。

 無効にする方法
  1. 画面左下の"スタート"(窓のアイコン)を右クリックし、"電源オプション"を開きます。
  2. 開いた電源オプション画面の左メニューにある、"電源ボタンの動作を選択する"をクリックします。
  3. "電源ボタンの定義のパスワード保護の有効化"という設定画面が開きますので、上部にある"現在利用可能でない設定を変更します"をクリック。
  4. 同じ画面の下部にある"シャットダウン設定"の項目が灰色状態から選択可能な状態に変わりますので、その中にある"高速スタートアップを有効にする(推奨)"のチェックを外します。
  5. 画面の一番下にある"変更の保存"をクリックします。
以上の手順で、『高速スタートアップ』を無効にする事が出来ます。(こちらのページもご参照下さい。)

 無効にした場合のデメリット
当然ながら、PCの起動時間がいくらか遅くなります。(お使いのPCの環境によってどの程度遅くなるかは大きく差が出ます)
ただ、そこまで極端に遅くなる訳ではないので、PCの終了・起動を一日に頻繁に行うような方じゃない限り特に不便は感じないと思います。
上記のような方で、起動時間が遅くなるのがどうしても気になるという場合は、「シャットダウン」の代わりに「スリープ」を使っても良いかと思われます。
Windows10の場合、比較的最近のパソコン(2.3年以内くらいのモデル)をお使いだと、この「スリープ」状態でも設定次第で待機電力はかなり抑えられます。

なお、8/12現在、大型アップデートである"Anniversary Update"が提供されていますが、今回のアップデートでも高速スタートアップ関連の不具合は特に解消されていない上、そもそも高速スタートアップが有効状態だと、この"Anniversary Update"へのアップデートが失敗しPCが起動しなくなる、という困った自体も起きてるようです。
一般ユーザ全員にアップデートが提供された日には、またまた波乱が起きそうですね、ホント・・・。