DSC_1916

今回紹介するのは、八女市上陽町を流れる「納又川」の源流域に位置する『納又滝』(滝の宮不動尊)です。


耳納スカイライン」から八女側に下った所にあります。 

この『納又滝』"縁結びの不動尊"としても知られ、「滝の宮」とも呼ばれる霊場となっております。

DSC_1907
滝の宮の由来について。

DSC_1906
やや古い周辺地域の案内看板。
中央左下の「東山小学校」は2002年に閉校となっております…。

DSC_1905
こちらが入口。
なお、すぐ側に駐車場とトイレがあります。

入口から滝までは遊歩道として整備はされているものの、あまり人出が無いせいかかなり鬱蒼としています。
ただ、夏休み期間中はキャンプ場にもなっているので、この時期になると草が刈られたり蜘蛛の巣が取り払われたりして、通りやすくはなると思われます。

DSC_1908
ここから滝に向かいます。

DSC_1922

DSC_1912

DSC_1909
滝に至るまでの遊歩道です。川に沿って整備されています。

DSC_1910
所々にこのような祠があります。

入口からおよそ15分ほど行けば、『納又滝』が見えてきます。
あまり大きな滝ではないですが、真下まで行けるのでかなり迫力はあります。

DSC_1919
こちらが『納又滝』。
すぐ近くまで行こうと思ったのですが、ガッツリ蜘蛛の巣が張られていたので今回は断念。

DSC_1918
滝の側には紫陽花が咲き誇っていました。


こちらは360°パノラマ(Photoshpere)です。

冒頭で"駐車場もアリ"とは書いたものの、実際に福岡方面から車で行こうとすると、かなりシビアです。
最近まで通行止めとなっていた県道70号線・かんかけ峠越えで向かうのが最短ルートではあるのですが、特に久留米側の道がかなり狭小で離合も難しいためオススメはしません。(バイクでも、50cc原チャリだと登坂がキツイです)
最も安全な経路は、久留米~八女の方から耳納連山をグルっと回って、上陽町市街地を経由して向かうルートですので、星野町や黒木町の観光がてら寄ってみるのはアリかもしれません。

DSC_1924
上陽町は、ひたすらに山に囲まれた自然豊かな所です。