win10

遂に”Xデー”が来てしまいました。
本日7月29日の23時59分をもって、Windows7/8.1からの10への無償アップグレード期間が終了致します。
 Windows 10無料アップグレードは本日終了 明日からどうなる?
― via. ITmedia
私個人の意見としては、全ての対象者がアップグレードすべきとは思わないのですが、とりあえず今のPCを買い換えずに今後しばらく(3、4年程度)使い続けようと考えている方は、やっておいて損はまったく無い・・・というより、寧ろ得られるメリットの方が大きいかと思われます。(この辺は過去のWindows10関連記事でも取り上げてますので、ご参照頂ければと思います)

Windows10にアップグレードする際の最大のデメリットとしてよく取り上げられるのが、"古い機器やソフトウェアが動かなくなる"という点ですが、経験上、極端に古いものじゃない限り、動かなくなるようなものは殆どないですね。(若干挙動がおかしくなるケースはありますが)

実際、つい先日もWindows10のノートPCに10年以上前にリリースされた「筆王2005」をインストールしたのですが、何ら問題無く動いておりました。

なお、その機器/ソフトウェアのメーカーにWindows10への対応状況を直接問い合わせると、大抵が「対応しておりません」との返事を受けるのですが、これはあくまでもメーカーが公式に正常動作確認を行っていないというだけで、実際に入れてみると問題無く動作するケースが殆どです。

と言うわけで、一応Windows10にアップグレードした後でも元のバージョンのWindowsに戻す事は可能ですので、とりあえずアップグレードしておこう、って感じでもOKだと思います。
・・・ただし、特に古いWindows7搭載PCだとアップグレード失敗でOSが立ち上がらなくなるケースもありますので、バックアップだけはキッチリやっておきましょう。