DSC_2031

久しぶりの好天だったので、早めに仕事終えて大分・玖珠町にある伐株山(きりかぶさん/きりかぶやま)』の山頂エリアに行ってみました。(登山ではありません)


玖珠町の中心市街地の南西方面に位置し、玖珠盆地を代表する景観を成しています。

すぐ隣の万年山(はねやま)」と並び、難読山名としても知られるこの『伐株山(きりかぶさん)』は、卓状台地(メサ)地形の中でも"ビュート"と呼ばれる山頂部分が潰されたような特異な形状をしており、玖珠町のシンボルとなっています。

DSC_1635
玖珠盆地から望むテーブル状の『伐株山
豊後国風土記」によると、昔々、身の丈九百尺もある大男がこの地にあった楠の大木を切り倒して、残った切り株がこの
『伐株山』になった・・・らしいです。

冒頭のGoogleマップを見て頂ければお分かりになると思いますが、山頂部分は公園として綺麗に整備されています。
なお、この山頂エリアには直接車で来れます。(駐車場もあります)

DSC_2030

DSC_2024

DSC_2029
ベンチだけじゃなく、壮大な景色を見ながら漕げるブランコや、KIRIKABU HOUSEと呼ばれる屋根付き展望休憩施設(月・火は休み)まであります。

山頂からの眺めも勿論素晴らしく、玖珠盆地一帯や周りを取り囲む九州山地の山々を眺望出来ます。
360°パノラマで撮影してきましたので、下記からご覧下さい。(右上の四角マークからフルスクリーン表示出来ます)


山頂東北端から。玖珠盆地の東側と山頂エリア一帯が眺望出来ます。


こちらは上記の「KIRIKABU HOUSE」付近から。(黒い細長い小屋がそれです)


山頂西側付近から。日田方面となる玖珠盆地の西側が眺望出来ます。遠くに見える風車群は「玖珠ウインドファーム」です。

ちなみに、行きは深耶馬溪方面から玖珠市街地~伐株山に向かったのですが、帰りは国道210号線を通って「慈恩の滝」に寄ってみました。

DSC_2046

DSC_2051
国道210号線沿いにある「慈恩(じおん)の滝」。なんと滝の裏側を歩いて通れます。
実を言うと隣接する「道の駅 慈恩の滝 くす」に寄るつもりだったのですが、まだオープンしてませんでした…。(7月末にオープン予定だそうです)