今年一年もいよいよ終わります。
さて、年末年始の営業についてですが、一応31日から3日までをお休みとさせて頂こうと考えてます。
ただし、緊急性の高いご依頼案件につきましては、例外的に柔軟に対応させて頂くつもりですので、とりあえずご連絡下さい。

話はガラっと変わりますが、今日(12/27)は競馬の祭典・有馬記念が開催されます。
競馬ファンのみならず注目を集めることになるこの有馬記念ですが、今年は結構混戦ムードが漂ってますね。
現時点での私の予想は、以下のようになってます。

ss_288

今年は手広く行きます。
一応本命印はキタサンブラックに打ちましたが、実際の所はラブリーデイと二頭本命みたいな感じで、上記印の通りに三連複フォーメーションで流したいと思います。

とは言え、今年の有馬は本当に悩みました。(と言うかまだ悩んでます)
有馬記念の三大鉄則は、『内枠・先行馬・三歳馬』というのが競馬ファンの間ではよく知られてはいます。

北島三郎氏の所有馬◎キタサンブラックは、過去最もここで好成績を上げてる三歳馬の黄金ローテで来てはいますが、この枠でどう乗るのか?と、前走・菊花賞が完璧な競馬だっただけにあれを今回もやれるのか?という不安材料もあります。
ただ、中山・2500mという舞台はこの馬にとって最高の条件だとは思います。

ラブリーデイは枠・脚質共に絶好ですが、今年10戦目というのが最大の懸念事項です。
前走のJCでの負け方も鑑みると、秋天がピークで既にお釣りが残ってないという事も十分考えられます。

ちなみに、ラストランとなる△ゴールドシップに関しては、正直もうよく分かりません。
馬自身がやる気があれば突き抜ける可能性もありますし、無ければ後方のまま何もせずに沈むって事も普通に有り得ます。

人気薄で臭いのと言えば、個人的には内枠の☆ラストインパクトと☆アドマイヤデウスかなとは思いますが、ラストの方は鞍上・菱田がちゃんと前目好位で巧く競馬を運べられるか?というのがありますし、デウスの方はそもそも春先の出来に戻ってるかどうかが気がかりです。

と言うわけで、自信度で言えば△くらいの今年の有馬ですが、最後は笑顔で今年の競馬を締めくくりたいものです。

***(12/28追記)*** 
三連複見事的中しました。
大した払戻金額ではないですが、ちょっとしたお年玉になりました。良い正月が過ごせそうです。

ss_291