デジタルよろずや筑紫野 店長の雑記

仕事の事とか地域の事とか趣味の事とか雑多にぼやいてます。
バイクツーリングと野球観戦(ホークス)と競馬が好きです。
福岡と佐賀の県境ら辺に住んでます。

福岡県筑紫野市で、太宰府・大野城・小郡・筑前・朝倉・大刀洗・基山・鳥栖のエリアを中心に、パソコン/IT機器の出張修理・トラブル解決・ITサポートを地域最安値でやってます。
一部持ち込み修理も対応致します。(見積もり・出張料金は無料です)

デジタルよろずや筑紫野 ホームページ:https://www.digital-yorozuya.com/
ツイッター:https://twitter.com/digitalyorozuya
フェイスブック:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya

2016年06月

Windows10、次期アップデートでハードウェア変更によるライセンス失効問題が解消?

Windows10[1]

とうとう無償アップグレード期限が残り一ヶ月を切っちゃった『Windows 10』ですが、皆様はアップグレードの方お済みでしょうか?

私自身は今年の三月にアップグレードを行い、現時点でも(予想外に)すこぶる順調に使えております。
さて、そのWindows10、つい先日リリースされたInsider Preview版の最新ビルド(build4371)において、『Activation Troubleshooter』と呼ばれる、ハードウェアの変更によるライセンス失効を防止するという非常に興味深い新機能が実装されていました。
 Windows 10新プレビューでハード構成変更に関わる認証問題を改善
― via. PC Watch
 Windows 10次期大型アップデートにギリギリで加わった「自作PC」向け新機能
― via. ITmedia PC USER
これは、簡単に言えば、システムドライブやCPU、マザーボード等を換装し、ハードウェア構成が変更された場合でも、現在のWindows10をライセンス失効せず使い続けられる、という事を意味します。

今までは、特にWindows10においての話になりますが、以前のバージョンのWindowsと比べてもハードウェア構成の変更監視が厳格化されていたため、ヘタに内部パーツを換装するとすぐにライセンスが失効し、再度ライセンスを購入し直さなければならない事態が起きており、PCを自作・カスタマイズするような層の人達がWindows10へのアップグレードを及び腰になる大きな要因の一つとなっていました。
私自身もこの層の人達の一人なので、この『Activation Troubleshooter』の実装は大きな朗報だと感じてます。

なお、この新機能は、今回リリースされた最新ビルドにおけるユーザからのフィードバックを元に、今夏予定されている大型アップデート"Anniversary Update”にて正式実装される見込みになっているとの事です。
私のメインPCも、2016年6月現在では既に"古い"部類に足が掛かってるようなマシン構成なので、これを機にそろそろマザーボードから新調を検討しようと思ってます。

Googleの新しい『2段階認証』を使ってみました

ss_326

2段階認証
とは、ログインする際に従来のIDとパスワードを入力した上で、もう一段階別の認証方法を挟む事によって、セキュリティ堅牢性を劇的に向上させるログイン認証プロセスの事です。
最近、ID・パスワードの流出がよく話題になってますが、『2段階認証』を有効化していれば、例えID・パスが他人に知られたとしても容易に不正ログインされるような事を防げる、という訳です。

この『2段階認証』はいくつかの種類があるのですが、この度、Googleがよりシンプルで楽に使える新しい方法を導入したとの事で、早速使ってみました。
  Googleが楽な新2段階認証を導入。AndroidとiPhone対応、設定と使い方
― via. Engadget JP
大前提として、インターネットに繋がった、Googleアカウントと紐付けしたスマートフォン(Android/iPhone)が必要となります。

利用方法は上記ページもご参照頂ければと思いますが、まずGoogleにログインした後、"アカウント情報"のページから、"ログインとセキュリティ"→左メニューの"ログインとセキュリティ"→"Googleへのログイン"の"2段階認証プロセス"とクリックします。
ここで再度ログインを求められますので、ここでパスワードを入力しログインすると、"2段階認証プロセス"のページが表示されると思います。
複数の方法が表示されていますが、今回新しく導入されたのは"Googleからのメッセージ"と書かれているものです。有効化する場合は、クリックして表示された手順通りに進めるだけです。

実際に使ってみると、いつもと違うパソコン等からGoogleにログインする際、以下のような画像がスマートフォン上に表示されますので、ここで「はい」をタップするだけで二段階認証が行えます。従来のものを比べると非常に楽です。

000

ちなみに、一度『2段階認証』を経てログインしたデバイス(パソコン・スマホ・タブレット等)は"信頼されたデバイス"として記憶されるので、いちいちGoogleにログインする時に二段階認証をする必要はありません。

もしID・パスが流出してしまっていて、どこか別の場所の別のデバイスから不正にログインを試みられた場合、自分のスマホ上に上記画像のような画面が表示されますので、そこで「いいえ」をクリックすれば相手は不正ログイン出来なくなる、という訳ですね。 (自分のスマホごと盗まれない限り、ですが)

特に情報セキュリティに疎い日本ではあまり使われていない印象を受けるこの『2段階認証』ですが、特にGoogleアカウントのような個人情報てんこもりなものの場合は、個人・事業者に関わらず、是非『2段階認証』を有効化するべきだと強く思います。

自家撮影した『360°パノラマ』画像集 その②


Androidスマホ+Googleカメラアプリを使って撮影した、360度パノラマ写真の第二弾です。
前回は福岡・佐賀でしたが、今回は大分・熊本の分をご紹介致します。

 平野台高原展望所(熊本県南小国町)



「黒川温泉」の近くにあり、阿蘇五岳・くじゅう連山までも一望出来る素晴らしいビュースポットです。
通称"恋人たちの丘"と呼ばれており、展望台には鐘がありました。

 雀地獄(熊本県南小国町)



こちらも「黒川温泉」の近くにある"地獄"で、阿蘇くじゅう国立公園の一部に含まれます。
日本でも数少ない"冷泉"が湧出する地獄としても知られており、あちこちで亜硫酸ガスが噴出しています。
なお、"雀地獄"の名前の由来は、上述の火山ガスによって雀等の小動物が死んでたりするのをよく見られるからだそうです。
ちなみに、動画も撮ってみました。(無駄に4Kです)

 小松地獄(大分県九重町)





筋湯温泉の近くにあり、北部九州有数の地熱発電所である八丁原地熱発電所に隣接する"地獄"です。
こちらも『阿蘇くじゅう国立公園』に含まれており、上記の雀地獄と比べてより活発な火山活動が見られ、比較的大きな火山ガスの噴出を見る事が出来ます。

 深耶馬溪・一目八景(大分県中津市)



『耶馬溪』の中でも最も南部に位置する、"深耶馬渓"の"一目八景展望所"からのパノラマです。
こちらに関しては、以前記事にしていますので、そちらをご覧頂けると幸いです。(大分・中津市の『深耶馬溪』方面に行ってきました

という訳で、第二回目となる今回は大分・熊本の分のパノラマ写真をご紹介しました。
なお、最初の『阿蘇くじゅう国立公園』エリアに含まれる三つのポイントはいずれも震災後に訪れたのですが、やはり通行止めになってる林道も多かったですね。主要道は、通行止めになっていても迂回路が用意されていますので、問題無く車で行く事が出来ます。
各観光スポットに関しては重点的に復旧に取り組んだとの事で、現在はほぼ訪れる事が可能になっており、是非復興支援も兼ねて、この機会に行かれてみては如何でしょうか。

Microsoft、Windows10のアップグレード無償期間の延長はしないと明言

Windows10[1]
 7月29日過ぎのWindows 10無償アップグレードは「なし」、日本マイクロソフトが記者会見で解説
― via. ASCII.jp
6/10、Windows10へのアップグレードに関する記者会見が行われ、そこでMSの日本スタッフが正式に「無償アップグレード期間は7/29までで、それ以降の延長はしない」事を明言しました。
もしこの期間を過ぎてWindows10にアップグレードしたい場合は、有償のパッケージ版もしくはダウンロード版を購入する必要があります。(価格は未定なようですが、気軽に買えるくらいの値段にはならないと思われます)

当方でも、そもそもとして"Windows10にアップグレードするべきか"という相談も兼ねた依頼を受ける事も多いのですが、PCの使用状況や使用環境によって、"是非やるべき"、"やった方がいい"、"やる必要はない"、"やってはいけない"の四つに分けて提案しています。

基本的に事業者さんの場合はセキュリティ面も考えてWindows10へのアップグレードを推奨する場合が多いのですが、線引きとしては、PCを主に事業用として使っており、比較的最近購入したもので今後数年使い続ける予定のある方の場合は"是非やるべき"として、逆に利用しているデバイスやソフトウェアが古く互換性に問題が生じると思われる方には、調査を行った上で"やってはいけない"を提示する場合が多いですね。

なお、上記の記者会見が行われた同日に、Microsoft公式から"Windows7/8.1からWindows10へのアップグレード通知を止める方法"も公開されています。
 Windows 10 へのアップグレードを抑止する方法
私個人は実際に実行して試してはいないのですが、おそらく"GWX"サービスを停止した上で、WindowsUpdateでWindows10関連の通知を出なくするものだと思われます。

その他、当ブログの過去の『Windows10』関連記事の一覧はこちらをご覧下さい。

自家撮影した『360°パノラマ』画像集 その①

タイトル通り、自身のスマホで撮影したストリートビューのような360度パノラマ写真(Photosphere)が結構溜まってきたので、まず第一弾目の今回は福岡・佐賀の分を抜粋してご紹介させて頂こうと思います。(埋め込みウィジェットの右上の四角マークをクリックすれば、フルスクリーンで表示出来ます。)
なお、Androidスマホ+『Googleカメラ』アプリでの撮影なため、ストリートビューの撮影で使われてるような全天球カメラ程には綺麗に撮れてません…。 

 御手洗の滝(佐賀県鳥栖市)



九州新幹線・新鳥栖駅からそう遠くない場所にある『御手洗(おちょうず)の滝』の第一の滝です。
近くにはキャンプ場もあり、夏には川遊びに来てる家族連れもよく見られます。

 基山山頂・基肄城跡(佐賀県基山町)





筑紫野市と基山(きやま)町の境に位置する、基山(きざん)山頂の基肄(きい)城跡です。
とは言うものの特に山城跡っぽいものは残ってないのですが、この山頂からの眺望は抜群です。他、草スキーを楽しめる場所としても地元では知られています。
(関連記事:基山町・基山(きざん) ~ 山頂/基肄城跡

 皿倉山山頂・展望台/国見岩(福岡県北九州市八幡東区)





北九州エリアを代表する山である「皿倉山」の山頂エリアです。
上が皿倉山展望台からで、下はロッククライミングスポットとしても知られる「国見岩」で撮影したものです。
北九州市民ならおそらく大半の方が一度は来た事あるってくらい有名な山で、ケーブルカーを使って登る事も出来ます。

 昭和の森・草ヶ谷ダム(福岡県糟屋郡宇美町)



宇美町の三郡山・宝満山の麓にあり、両山の登山道入口にもなっている「昭和の森」です。
上記パノラマの「草ヶ谷ダム」はその昭和の森の奥の方にあり、このダムの横を通る道が、氷瀑で有名な「難所ヶ滝」へ至る登山道の入口になっています。

次回のパート②は、福岡・佐賀以外の分(主に大分熊本)を紹介させて頂こうと思います。
最新記事
Twitter プロフィール
パソコンの故障修理やトラブルの解決、各種サポートの他、企業・団体向けITアドバイザーを行う「デジタルよろずや筑紫野」です。 筑紫野市を中心に、太宰府 小郡 筑前 朝倉 大刀洗 基山 鳥栖 等、福岡・佐賀の幅広いエリアを出張無料、見積もり無料でサービスを行っております。
メッセージフォーム

当ブログやデジタルよろずや筑紫野へのご意見・ご相談等についてはこちらからどうぞ。(非公開メッセージを送信出来ます。)

名前
本文
QRコード
QRコード