デジタルよろずや筑紫野 店長の雑記

仕事の事とか地域の事とか趣味の事とか雑多にぼやいてます。
バイクツーリングと野球観戦(ホークス)と競馬が好きです。
福岡と佐賀の県境ら辺に住んでます。

福岡県筑紫野市で、太宰府・大野城・小郡・筑前・朝倉・大刀洗・基山・鳥栖のエリアを中心に、パソコン/IT機器の出張修理・トラブル解決・ITサポートを地域最安値でやってます。
一部持ち込み修理も対応致します。(見積もり・出張料金は無料です)

デジタルよろずや筑紫野 ホームページ:https://www.digital-yorozuya.com/
ツイッター:https://twitter.com/digitalyorozuya
フェイスブック:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya

2015年12月

年末年始の営業について(と有馬記念予想)

今年一年もいよいよ終わります。
さて、年末年始の営業についてですが、一応31日から3日までをお休みとさせて頂こうと考えてます。
ただし、緊急性の高いご依頼案件につきましては、例外的に柔軟に対応させて頂くつもりですので、とりあえずご連絡下さい。

話はガラっと変わりますが、今日(12/27)は競馬の祭典・有馬記念が開催されます。
競馬ファンのみならず注目を集めることになるこの有馬記念ですが、今年は結構混戦ムードが漂ってますね。
現時点での私の予想は、以下のようになってます。

ss_288

今年は手広く行きます。
一応本命印はキタサンブラックに打ちましたが、実際の所はラブリーデイと二頭本命みたいな感じで、上記印の通りに三連複フォーメーションで流したいと思います。

とは言え、今年の有馬は本当に悩みました。(と言うかまだ悩んでます)
有馬記念の三大鉄則は、『内枠・先行馬・三歳馬』というのが競馬ファンの間ではよく知られてはいます。

北島三郎氏の所有馬◎キタサンブラックは、過去最もここで好成績を上げてる三歳馬の黄金ローテで来てはいますが、この枠でどう乗るのか?と、前走・菊花賞が完璧な競馬だっただけにあれを今回もやれるのか?という不安材料もあります。
ただ、中山・2500mという舞台はこの馬にとって最高の条件だとは思います。

ラブリーデイは枠・脚質共に絶好ですが、今年10戦目というのが最大の懸念事項です。
前走のJCでの負け方も鑑みると、秋天がピークで既にお釣りが残ってないという事も十分考えられます。

ちなみに、ラストランとなる△ゴールドシップに関しては、正直もうよく分かりません。
馬自身がやる気があれば突き抜ける可能性もありますし、無ければ後方のまま何もせずに沈むって事も普通に有り得ます。

人気薄で臭いのと言えば、個人的には内枠の☆ラストインパクトと☆アドマイヤデウスかなとは思いますが、ラストの方は鞍上・菱田がちゃんと前目好位で巧く競馬を運べられるか?というのがありますし、デウスの方はそもそも春先の出来に戻ってるかどうかが気がかりです。

と言うわけで、自信度で言えば△くらいの今年の有馬ですが、最後は笑顔で今年の競馬を締めくくりたいものです。

***(12/28追記)*** 
三連複見事的中しました。
大した払戻金額ではないですが、ちょっとしたお年玉になりました。良い正月が過ごせそうです。

ss_291 

来年以降も『OneDrive』で15GGB+15GB(カメラボーナス)を使い続けられる方法が公開

OneDrive

Microsoftが提供するオンラインストレージサービス『OneDrive』は、最新のWindowsでOS標準機能として搭載され、しかも他社よりも無料で比較的大容量を使える事もあって、利用されてる方も多いと思われます。(私もGoogleドライブとOneDriveを主にメインで使ってます)

その『OneDrive』ですが、先月、"来年以降無料で使えるサイズを5GBに縮小する"というショッキングなニュースが報じられ、一部で阿鼻叫喚となってました。
ところがつい先日、その容量縮小を回避出来る方法が、Microsoftから公式に発表されました。

その方法は、こちらのページにアクセスし、 "Keep your free storage"と書かれた青いリンクボタンをクリックし、MSアカウントにログインするだけ、という簡単な手順を経るだけで、今後も15GB+カメラロールボーナス分の15GB=30GBを無料で使い続ける事が出来るようになります。

正直、MSの考える意図はよく分かりませんが、オンラインストレージを利用しないユーザやデッドアカウントユーザ分だけの容量を大幅に削減し、その削減分を本当に利用するユーザに割り当てるような形にする事で、サーバのストレージ容量を圧縮したい…って感じなのでしょうか。(そもそもの今回の騒動の発端は、容量上限無しの有料ユーザがとんでもない容量のファイルをアップロードしたため・・・というイマイチ腑に落ちない原因説明がされていて、結局の所この流れの真相はよく分かりません)

兎にも角にも、有用なオンラインストレージサービスの一つが事実上使えなくなるという困った事態を回避出来てよかったです。
私は、仕事等で使うようなデータはGoogleドライブ、スマホのカメラ自動バックアップ(カメラロール)用としてOneDriveを利用していますが、実は先述の容量縮小の発表を受けて、BitTorrent Syncを用いたスマホ⇔PCのP2Pオンライン同期に切り替えていました。
このBitTorrent Syncがどういうものかと言いますと、簡単に言えば、スマホとPC間で、その中間となるオンラインストレージサービスを介することなく、直接P2Pでオンライン同期するというもので、オンラインストレージのように容量を気にする事無く、PCのHDD、もしくはスマホのMicroSDのサイズ分だけオンライン同期(バックアップ)が可能になるという、実に便利なものです。(後日、記事にしてみようかと思います)
ただ、オンラインストレージのように、データをクラウド化(インターネットが使える端末からいつでもデータを閲覧・編集)する事は出来ないため、あくまでもシンプルにデータのバックアップ・同期だけ、という利用方法になり、オンラインストレージによるバックアップ同期の代替になるものではありません。

猛威をふるう恐怖の『VVVウイルス』について

virus

現在、『VVVウイルス』と呼ばれるランサムウェアタイプのウイルスによる被害が、ネット上で多数報告され大問題になりつつあります。(「vvvウイルス」正体はTeslaCryptか。 PCファイルを勝手に暗号化、対策は?」 via.The Huffington Post

この『VVVウイルス』について、私個人なりに現時点で判明した情報を元にまとめてみました。

◆ 感染すると何が起こるのか
このウイルスは、ランサムウェアと呼ばれるタイプのもので、感染対象のPCに接続されている記憶デバイス(HDDやUSBメモリ等)内のファイルを片っ端から暗号化して、読み取り・書き込み不能にし、同時に拡張子も".vvv"という形式に置き換えられます。
そして、このランサムウェアタイプのウイルスの最大の特徴として、"暗号化データを復号化(元に戻す)ためのキーを金銭を対価に要求"してくる事です。(海外の実例として、実際にこのランサムウェアが原因でこんな事態が起きてしまってます)
ただし、実際に金銭を支払っても復号化出来るかどうかは全く保証出来ません。

◆ 感染経路について
まず、そもそもどこから、どのように感染するのか?についてです。
簡潔に言うと、"海外のアダルトサイトからFlashを用いた広告を通じて感染"、というパターンが最も多いようです。
何の対策も施していない場合、そのウイルスが仕込まれた広告のあるページを開いただけで感染してしまうという凶悪なタイプです。

◆ もし感染してしまったら?
先述の通り、このタイプのウイルスは、高度な暗号化技術を用いてデータを暗号化してしまうため、復号化キーが無ければ元に戻す事は出来ません。(暗号解析にはスパコンレベルの処理能力が必要とされます) 
つまり、一度感染してしまったら最期、感染したデータ全てを諦めざるを得ません。 
なお、再三になりますが、例え要求通りにお金を先方に支払っても元に戻るかどうかは全く保証出来ません。 (おそらく無理です。)

◆ 感染を防ぐ対策や予防法は? 
一番の対策は、Windowsやアンチウイルスソフトのウイルス定義データを常に最新のものにアップデートしておく事と、やはり先述の怪しげな海外アダルトサイトを閲覧しない事です。
ただ、今後、国内の一般のサイトにも出てくる可能性はあるので、その時に備えて"ChromeやFirefoxといった拡張機能に対応したブラウザに、AdblockやuBlockといった広告排除アドインを導入"する事をお勧めします。 
その他、大事なデータは、PCに常時接続されている外付けHDDだけではなく、GoogleドライブやDropboxと言ったオンラインストレージ等にもバックアップされる事を強く推奨します。 

◆ 復旧方法は? 
暗号化されてしまったデータに関しては、先述の通り救出はまず不可能です。
データを諦められるのであれば、システムの完全初期化(購入時の状態へリカバリー)を実行すれば、今まで通りの通常使用出来る状態に戻す事は出来ます。

以上、私なりにまとめてみました。
掻い摘まんで言えば、”感染しちゃったら最後の超凶悪なウイルス”という認識で間違いは無さそうです。
ちなみに、以前にも少し話題になった『カランサムウェア』と原理は全く同じタイプのものです。
最新記事
Twitter プロフィール
パソコンの故障修理やトラブルの解決、各種サポートの他、企業・団体向けITアドバイザーを行う「デジタルよろずや筑紫野」です。 筑紫野市を中心に、太宰府 小郡 筑前 朝倉 大刀洗 基山 鳥栖 等、福岡・佐賀の幅広いエリアを出張無料、見積もり無料でサービスを行っております。
メッセージフォーム

当ブログやデジタルよろずや筑紫野へのご意見・ご相談等についてはこちらからどうぞ。(非公開メッセージを送信出来ます。)

名前
本文
QRコード
QRコード