デジタルよろずや筑紫野 店長の雑記

仕事の事とか地域の事とか趣味の事とか雑多にぼやいてます。
バイクツーリングと野球観戦(ホークス)と競馬が好きです。
福岡と佐賀の県境ら辺に住んでます。

福岡県筑紫野市で、太宰府・大野城・小郡・筑前・朝倉・大刀洗・基山・鳥栖のエリアを中心に、パソコン/IT機器の出張修理・トラブル解決・ITサポートを地域最安値でやってます。
一部持ち込み修理も対応致します。(見積もり・出張料金は無料です)

デジタルよろずや筑紫野 ホームページ:https://www.digital-yorozuya.com/
ツイッター:https://twitter.com/digitalyorozuya
フェイスブック:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya

2015年07月

Windows7でタスクバーに『Windows10を入手する』アイコンが表示されてない方へ

terry_myerson_silhouette_th

いよいよWindows10リリース間近に迫ってきましたが、中には必要要件を満たしているにも関わらず、右下のタスクバーの所にWindows10を入手する』の白い窓の形をしたアイコンが表示されていないWindows7ユーザもおられるようです。(現状では、このアイコンからでしかWindwos10へのアップグレード予約が出来ません)

という訳で、この『Windows10を入手する』のアイコン(プログラム)を表示させる方法をまとめてみました。

1.タスクバーに存在するが隠れている(非表示になっている)
タスクバーのアイコンがいくつか表示されいる横に、小さな上向きの三角形矢印(▲)があると思いますので、そちらをクリックしてください。隠れているアイコン一覧が表示されます。

2.Windows Updateが行われていない
通常は自動でインストールが行われる設定になっていますが、手動で行う設定に変更されていると、お使いのWindowsが最新版になっていない可能性があります。
スタートメニュー→コントロールパネル→Windows Updateから、"更新プログラムの確認"を行い、最新のアップデートプログラムを全て適用させて下さい。
その際、"重要な更新プログラム"に加えて、"推奨される更新プログラム"も漏れなく更新を行ってください。(デフォルトではチェックが入っておらず、そのままでは適用されない事があります)
また、Windows Updateの画面の左側の"非表示の更新プログラムの再表示"から、非表示化されている更新プログラムがないかも確認されてください。
全てを適用後、再起動を促されますので、再起動を行った後、さらにもう一度更新プログラムがないかを確認されてください。(更新プログラムの中には、前提条件となるものが適用されていないと表示されないものもあります)

3.各種ツールを使ってみる(上記1及び2を行ってもダメな場合)
こちらのWindowsの公式フォーラムに書かれている方法を試してみてください。
同時に、Windowsシステム更新準備ツールの実行と、Windowsアップデートエージェントの再インストールも行ってみてください。(それぞれ、お使いのOS環境にあったものをダウンロードしてください)

4.タスクスケジューラから手動で実行を試みる(上記3でもダメな場合)
Windows10予約プログラムはインストールされているものの、何らかの原因によりプログラム自体が実行されていない場合があります。
まずコントロールパネルから、管理ツール→タスクスケジューラを実行し、起動した画面の左側にある"タスクスケジューラライブラリ"のツリーをクリックして展開し、Microsoft→Windows→Setupを展開していって下さい。
もし正常にWindows10予約プログラムがインストールされていれば、そのSetupのさらに下に"gwx"と"GWXTriggers"の二項目があるはずです。
それら二項目をそれぞれクリックすると、いくつかのタスクが表示されますので、それらを片っ端から右クリック→実行を行い、数分ほど待ってみてください。
その際、それぞれのタスクの"前回の実行結果"の所に、"ファイルが見つかりません"等のメッセージが出ている場合は、Windows10予約プログラムのインストールそのものを失敗していますので、再度上記2のWindowsUpdateが完全に最新版になっているかを確認されてください。

文字ばかりで少々分かり辛い部分もあるかもしれませんが、これでおそらくアイコンが出てくると思います。
それでもダメな場合、もしかするとお使いのWindowsが非正規品の可能性があります。
ただ、もし非正規品の場合は、そもそもWindowsUpdateが出来ませんので、この時点ですぐに気付くとは思います。
これらの手法のやり方がよく分からない、もしくは代わりにやって欲しい等の場合は、公式サイトやメール(info@digital-yorozuya.com)等からご依頼ください。

事前バックアップを行う事でWin10からダウングレード出来る『EaseUS System GoBack』

23135431534423

まもなく提供が開始される『Windows10』ですが、当ブログでも何度か注意喚起しているように、このアップグレードには少なからず様々なリスクが伴います。
そのため、一年間の無償提供期間ギリギリまで待って行う事を強く推奨してはいますが、中には、リスクを背負ってでもWindows10を使いたいという方や、仕事の都合上どうしてもアップグレードする必要があるという方もおられると思います。

今回、紹介するEaseUS System GoBackは、そのような方のために、事前にバックアップイメージを作成する事で、Windows10アップグレード後に深刻なトラブルが発生した場合でも以前のバージョンのOSへダウングレード(リカバリー)する事が出来るフリーソフトです。

使い方及びダウンロードは公式サイトの紹介ページをご参照ください。(ソフト自体は英語ですが、左記紹介ページは日本語です。)

ただ、私自身試した訳ではないので、完全に以前の状態を復元(OSダウングレード)出来るかどうかは不明ですので、あくまでも保険の一つとして考えておいた方が良いと思います。
期間ギリギリになってアップグレードに迫られた際、私もこのソフトを使って事前バックアップを行った後にアップグレードを敢行しようと考えてますので、その時にまた詳しく紹介させて頂こうと思います。

***7/29 追記***
窓の杜さんで、この『EaseUS System GoBack』の特集記事が掲載されていました。(【特集】Windows 10アップデートの前にシステムをバックアップしておこう![2015/07/29] - 窓の杜

遂に、九州各地域を含む『明治日本の産業革命遺産』が世界遺産正式認定!5


九州エリアの『明治日本の産業革命遺産』マップポイント

各メディアで既報の通り、紆余曲折ありましたが、遂に我が九州・福岡も含まれた『明治日本の産業革命遺産』が、ドイツで行われたユネスコの諮問機関で正式に世界遺産として認定されました。

九州本島では、初となる念願の世界遺産となります。(本島を除けば、沖縄と鹿児島県の屋久島に世界遺産があります。)
今まで観光資源に乏しかった我が福岡県にも、今回の件を契機に日本中からより観光客が増えてくれる事を期待しています。
当方としても、色々な形で何か少しでも協力していければなと思います。

ちなみに、下記写真は我が家からもっとも近い遺産群の佐賀・諸富町の三重津海軍所跡です。

94376323
 ただ、残念ながら、現時点では正直特にこれといった見所はありません・・・。

Chromeオススメ拡張機能:日本全国の地震をリアルタイムに通知する『強震モニタ Extension』

久しぶりのChromeオススメ拡張機能(エクステンション)紹介ですが、今回は、日本全国で発生した地震をリアルタイムに通知・表示する『強震モニタ Extension』をご紹介致します。

これは、文科省所属機関である「防災科学技術研究所(NIED)」が提供する、「強振モニタ」をChromeの拡張機能として取り込んだもので、指定したエリアで指定した震度以上の地震が発生した時に音声等で通知する機能や、Chromeが起動している限りモニタを閉じても常駐して地震を監視する機能等、先述のNIEDのページでは行えない様々な有用な機能を追加してくれるものです。
なお、導入方法や詳細な利用方法等については、『強震モニタ Extension』の公式ページをご参照下さい。

実際に地震が発生すると、私の環境では下記画像のように表示されます。(各種設定で通知方法等は変更可能です。) 

02
事前に設定した震度以上の地震が発生すると、即座に画面右下にこのような通知が表示されます。(第一報は、テレビの地震速報よりも遙かに早いです。) 
さらに大きな地震の場合は、同時に音声通知も行われます。


01
こちらが、その通知された地震の様子です。
このように、日本全国の地震計で現在どの程度の揺れを観測しているのかがリアルタイムに表示されます。
震源から揺れが伝わっていく様子が非常によく分かります。 


私は、PC起動中は常にChromeが常駐してる状態なので、リアルタイムで現在発生中の地震が分かるこの拡張機能は、非常に便利で有用なものだと感じています。
ただし、NHKで緊急地震特番が組まれるクラスの地震の場合は、高負荷でNIEDのサイト自体がダウンしてしまい、使い物にならない場合もあります。

いずれにしても、通知方法も各種細かく設定出来ますし、Chromeの動作を遅くするようなものでもありませんので、入れて置いて損は全く無いと思います。
最新記事
Twitter プロフィール
パソコンの故障修理やトラブルの解決、各種サポートの他、企業・団体向けITアドバイザーを行う「デジタルよろずや筑紫野」です。 筑紫野市を中心に、太宰府 小郡 筑前 朝倉 大刀洗 基山 鳥栖 等、福岡・佐賀の幅広いエリアを出張無料、見積もり無料でサービスを行っております。
メッセージフォーム

当ブログやデジタルよろずや筑紫野へのご意見・ご相談等についてはこちらからどうぞ。(非公開メッセージを送信出来ます。)

名前
本文
QRコード
QRコード