terry_myerson_silhouette_th

当ブログでも何度か話題にしているWindows10ですが、先日、そのアップグレード提供日が"7月29日"と正式に発表されました。

この日から一年間、つまり2016年7月29日までの間に限り、Windows7/8/8.1から『10』へのアップグレードが無償で提供される、という事になります。(6月2日現在、Windows8.1ユーザはアップグレード通知が届いていると思います)

さてここから本題なのですが、以前の記事でも述べましたが、早急なアップグレードは絶対に控えて頂けるようお願いします。

と言うのも、特にWindows7を利用されている方(比較的古いPC)において、以下のような深刻なトラブルが発生する可能性があります。
・プリンタやスキャナ等の外部接続機器が使えなくなる
・利用中のソフトウェアやファイルが動かない・開けない・動作不良になる 
・アップグレードが正常完了せず、PCが起動しなくなる
・アップグレードは正常完了したものの、PCの動作が不安定になる


これらのトラブルは、使用されているソフトウェアや周辺機器のドライバ等がWindows10に対応していなかったり、PCに特殊なソフトウェアやシステムを導入していたりする事が原因となり発生するもので、このアップグレードは非可逆的な事もあり、いずれのトラブルも対応・修復する事が非常に困難なものになると想定されます。

対応策としては、先述の通り2016年7月29日までは猶予期間がありますので、各情報等が出揃うまで、特にWindows7の方はアップグレードを期間ギリギリまで待つ、というのが現時点では最も賢明な対応策だと思われます。