デジタルよろずや筑紫野 店長の雑記

仕事の事とか地域の事とか趣味の事とか雑多にぼやいてます。
バイクツーリングと野球観戦(ホークス)と競馬が好きです。
福岡と佐賀の県境ら辺に住んでます。

福岡県筑紫野市で、太宰府・大野城・小郡・筑前・朝倉・大刀洗・基山・鳥栖のエリアを中心に、パソコン/IT機器の出張修理・トラブル解決・ITサポートを地域最安値でやってます。
一部持ち込み修理も対応致します。(見積もり・出張料金は無料です)

デジタルよろずや筑紫野 ホームページ:https://www.digital-yorozuya.com/
ツイッター:https://twitter.com/digitalyorozuya
フェイスブック:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya

2015年01月

Facebookもやってます(今更報告)

Facebook

今更にはなりますが、Facebookもやっております。(URL:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya
ブログの投稿お知らせや、その他特にブログ記事にするまでもないような事を投稿してます。 いいね!してくれたりすると嬉しかったりします。

ASUS T100TAタブレット用のフレキシブルアームクリップ『ヤザワ どっちもクリップ A4タイプ CLW1』


ASUSのWindowsタブレットT100TA用のフレキシブルアームクリップスタンドとして、ヤザワ どっちもクリップ A4タイプ CLW1を購入してみました。

DSC_2664 (1)
全体写真。割とデカイです。

DSC_2665
クリップ部分拡大

お値段は、最安値のヨドバシ.comで、731円(送料無料・1/29現在)となっております。(私は楽天で購入)
クリップ強度は、思っていたよりもかなり強力で、指を挟むとかなり痛いレベルです。
そのため、クリップを固定する箇所もある程度の厚みと強度が要求されますが、アーム分も割と堅めなため、グラつく事なくかなり安定します。
クリップ部分にはゴムのラバーがあり、何かをかまさなくても傷つく事はありません。(若干跡が残りますが、拭けば取れます)

DSC_2668
 タブレットをクリップした状態

上記写真のように私は下方向からクリップして使っていますが、上からでも横からでも、特に力を入れてフリック操作等しない限り、アームがたわむ事無く安定しています。

まだ購入したばかりで使い込んだ訳ではないのですが、総評としては、この手のフレキシブルスタンドとしてはコスパも考えると相当良品の部類に入ると思います。

なお、 ヤザワ製の『どっちもクリップ』シリーズは数種類あり、アームがもっと長いものや、クリップがもっと大きいもの等、環境に合わせて購入するのがベストだと思います。  

Avira Free Antivirusが極端に重くなる問題について

デジタルよろずや筑紫野では、フリー(無料)のウイルス対策ソフトの導入を希望されたお客様に対して、Avira Free Antivirus(以下Avira)Microsoft Security Essentialsのいずれかのインストールしているのですが、Aviraを導入し、且つDMM.comが提供する一部のオンラインゲーム(『艦隊これくしょん-艦これ-』や『御城プロジェクト~CASTLE DEFENSE~』等)をプレイされている環境において、Avira(avguard.exe)が原因となりPCの動作が極端に重くなったりフリーズしたりする現象が確認されております。(去年年末くらいから発生し、現在も継続中です)

この現象は、おそらくAvira側のバグで、近々修正されるかもしれませんが、現時点では以下の方法を用いて対策する事が可能です。

 前述のオンラインゲームを通常プレイしているブラウザ(Internet ExplorerやChrome等)を起動させておく(起動後、最小化しておいて下さい)
 タスクバー(画面右下の時計が表示されている部分)にあるAvira Free Antivirusの赤いアイコンを右クリックし、『Avira Free Antivirus 設定』をクリックし、設定画面を開く
  設定画面の左側の『PCの保護』の項目の下にある『Real Time Protection』をダブルクリック、もしくは”+”のマークをクリックしツリーメニューを展開させ、出てきたメニューの中の『スキャン』も同様の手順でツリーメニューを展開させる
  『スキャン』ツリーメニュー下の『例外』をクリックし、ウインドウ右側の『Real Time Protection のスキャン対象から除外するプロセス』の中の『プロセス』をクリック
  『プロセスの選択』というウインドウが開くので、その中から、Internet Explorerであれば"iexplore.exe"、Chromeであれば"chrome.exe"、Firefoxであれば"firefox.exe"を探し、クリックして選択後OK
  『プロセス』の下の『追加>>』ボタンをクリック
 右側のボックスにプロセスが追加されたのを確認したら、ウインドウ下のOKをクリックし、ウインドウを閉じる
 Windowsを再起動

以上の手順で、OSの動作が重くなる現象が解決されると思いますが、これで解決しなければ、別の原因が考えられますので、Aviraのアンインストールも検討された方が良いと思います。 
なお、この方法を行った場合、起動中のブラウザに対するリアルタイムプロテクションが無効化されるため、お使いのPCのセキュリティレベルが低下します。
そのため、Microsoft Security Essentialsも導入しリアルタイム保護を有効化する等の対策を行う事をオススメします。(ただし、Aviraと競合・干渉し、何らかの問題が起きる可能性もあります)

MS、Windows7/8/8.1から10へのアップグレードを無償提供するとの超太っ腹発表

terry_myerson_silhouette_th

朝一番で、かなり驚愕のニュースが入ってきました。
現地時間21日に行われたWindows10説明会で、現在Windows7/8/8.1を使っているユーザに対して、Windows10へのアップグレードをリリース後短期間の間、無償で行うとの発表がありました。

これはMSにとって大きな方針展開だと思います。
今までは、OS(オペレーティング・システム)をアップグレードする場合は、家電屋や通販等でウン千円~ウン万円を出してパッケージソフトとして購入する、というのが一般的でした。 

しかしながら、今現在、特にスマートフォン・タブレット分野におけるOSのシェアは、Googleが無償提供するAndroidがメインストリームになりつつあり、従来Windowsが寡占的地位にあったノートPC向けOSシェアでも、同じGoogleが無償提供するChromeOS(Andoroidとの統合プランもあるそうです)が普及段階に入ってきています。
最早、「OSをパッケージウェアとして販売し利益を上げる」というシステムは時代後れだ、とマイクロソフトは判断したのでしょう。 

私自身も、この経営方針転換の判断は非常に賢明なものだと感じます。
リリース直後短期間だけ無償提供する事で、Win10への移行はよりスムーズに且つ迅速に行われるでしょうし、既存のWin7/8/8.1へのサポート負担が軽減される事の方が、本来有償で提供し得られる利益よりも大きいと判断したのだと思います。 

とはいえ、ここ最近のマイクロソフトを見る限り、Windows10のOSとしての出来そのものにも一抹の不安もありますが、何よりも、7/8/8.1からのアップグレードの際にほぼ間違い無く何らかの(おそらく重大な)トラブルが頻発し、世界中で阿鼻叫喚の事態に陥る光景は、正直容易に想像出来ます。
逆に言えば、この“Win10リリース直後のアップグレード・シークエンス”をMSが巧く対応し乗り切れれば、再びMSがOS業界の絶対王者へと返り咲く事も可能だと、個人的には考えています。

水城(みずき)のインフラ殺到具合がおもしろい@デイリーポータルZ

毎度、ひと味違った誰得なユニークなネタを扱う事で人気のデイリーポータルZで、我が地元(の隣町)の史跡・水城跡が取り上げられてました。(『水城のインフラ殺到具合がおもしろい』 via デイリーポータルZ

水城(みずき)は、半島・大陸の侵略から「大宰府」を防衛するために築かれた、現大野城市と太宰府市に跨がる国防施設です。
663年の白村江の戦いでの敗北を契機として、当時最新鋭の土木技術を用いて築かれましたが、(幸いにも)実際の戦闘で活用される事はありませんでした。


上記マップの真ん中を斜めに走る緑地帯が水城跡で、東に少し行くと、大宰府(大宰府政庁跡があります。
なお、水城の南端部分の先は現在こそ住宅地となって開けていますが、当時は山であり、文字通り防壁の役目となっていました。

120429765
天拝山山頂から。写真中央の細長い緑地帯が『水城跡』で、右手に見えるのが『大宰府政庁跡』です。その裏の山は『四王寺山』です。

地図・航空写真を見ても分かる通り、現在は(当時もですが)この水城一帯は福岡県内でも屈指の交通の要所となっており、この狭いエリアに西鉄大牟田線・JR鹿児島本線・九州自動車道・福岡都市高速が集中しています。
デイリーポータルZはこの観点から記事として取り上げてて、非常に興味深い内容になってますので是非一読されるのをお勧めします。

太宰府天満宮は全国的にも知名度ありますが、その周辺となると取り上げられる事も殆ど無いので、こういう所で取り上げられると嬉しいですね。

Windows7のメインストリームサポートが終了

slc

・・・と、タイトルにある通り、2015年1月14日を以て、Windows7のメインストリームサポートが終了しました。

これを受けて各所でにわかにニュースになっていましたが、実際のところは、 一般のユーザは、(今の所)2020年まではこのまま普通に使い続けても何の問題もありません。

「メインストリームサポート」とは、電話メール等での無償のサポートや新機能の追加等の事で、今回はこれらが行われなくなるだけであって、WindowsUpdateで提供されるセキュリティアップデートは2020年の「延長サポート期間」までは継続されます。

去年話題になった、WindowsXPのサポート期限切れによるセキュリティ低下問題は、上記の表にもある通り、「延長サポート期間」の終了を意味し、Windows Updateでのセキュリティアップデートが行われなくなった事を指します。(ただ、例外的措置で、期間終了後にセキュリティアップデートが行われた事もあります)
この延長サポート期間まで終了してしまうと、単にOSのセキュリティの低下だけではなく、大半のプリンタ等の付属機器メーカーやソフトウェアメーカーも対応を終了してしまうため、新製品の導入・サポートが行えなくなってしまうという事態も発生してしまいます。

と言うわけで、要は「特に問題がなければ、2020年まではWindows7から買い換える必要無し」という認識で良いと思います。 

ちなみに、今から5年後の2020年頃というと、今年度中にも発売が予定されているWindows10よりも、さらに次のバージョンのWindowsがリリースされている可能性もあるような時期で、さらに言えば、そもそもデスクトップ/ラップトップPC向けのOSのメジャーストリームが、現状のMSのWindowsではなく、GoogleのAndroid/ChromeOS等にシフトしている事も考えられると思います。 

朝倉市・大平山-安見ヶ城山~山頂エリア

今回の地元地域紹介は、朝倉市・旧甘木市の大平山(おおひらやま)と、隣接する安見ヶ城山(やすみがじょうやま)の山頂エリアを紹介します。

城下町として有名な『秋月』の南に位置します。

標高315㍍の大平山は所謂『低山登山』向けの人気の山で、以前紹介した甘木公園からの登山道を利用して登山される方も多く見られます。(朝倉市提供の登山コースマップもあります

106590957
大平山・安見ヶ城山についての案内看板。秋月と深い関係にあった事が分かります。

また、上記のGoogleマップ衛星写真では少し分かり辛いですが、この山頂エリアはハイキングコースとしても整備されており、(かなり狭い山道を通りますが)車で直接山頂に訪れる事も一応可能となっております。
*
大平山・安見ヶ城山山頂エリアのハイキングマップ。
なお、水色で車道が描かれてますが、通常は閉鎖されていて通行は出来ません。
*
*
*
*
*
散策路。ちゃんと整備されたコースが複数ありますが、時期によっては蜘蛛の巣やらハチやらの襲撃に気を付ける必要があります・・・。
*
*
休憩所。春に訪れた時には、藤の花が頭上に咲いてました。

車道入口付近から10~15分程歩くと、大平山の山頂(上記ハイキングマップの左端)になります。
非常に眺望が良く、筑紫平野一帯を見渡す事が出来ます。
ただ、安見ヶ城山の山頂(マップ右端)は、周りが木々に囲まれており、眺望はゼロです。
*
赤いツツジ。写真奥が山頂・展望台です。
*
小郡方面の眺望。真ん中の小高い山は、小郡市唯一の山である「城山」です。 
*
手前が甘木市街地、奥は久留米・善導寺方面になります。
*
杷木~うきは市方面の眺望。
*
こちらが安見ヶ城山の山頂になりますが、木々に囲まれ眺望は出来ません。

以上、大平山と安見ヶ城山の山頂エリアの紹介でした。
次回は、甘木公園からの登山道も紹介したいと思います。
上記で紹介した以外の写真は、こちらをご覧下さい。

基山町・基山(きざん) ~ 山頂/基肄城跡

新年最初の地元地域紹介ネタは、福岡と佐賀の県境に跨がる基山(筑紫野市/基山町)の山頂・基肄城跡を紹介致します。
ちなみに、自治体としての『基山町』は“きやまちょう” 、山の名称としての『基山』は“きざん”と読みます。


県境に位置し、北側が福岡県筑紫野市、南側が佐賀県基山町になります。 

基山は、山頂エリアが比較的広く開けて整備されており、春・秋シーズンの休日には家族連れで草スキーをされる方も多く見かけます。
*
この斜面の上から滑り降りるとかなりデンジャラスです。この上が山頂になります。

斜面を登った先にある山頂には、かつて大宰府防衛の為に築かれた山城・基肄(きい)城の跡地と展望台等があります。
*
*
山頂の基肄城跡地。残念ながら、山城跡らしい跡は特になく、跡碑が建っているだけです。
*
「霊霊石」を祀る祠。昔、ここに荒穂神社がありましたが、今は麓に移転しています。
*
天智天皇欽仰之碑。基肄城が天智天皇時代に築城された事に由来します。

また、この基山は標高405mの低山ではありますが、山頂付近からの眺望は非常に素晴らしく、筑紫平野一帯が見渡せます。
*
鳥栖~久留米方面の眺望。
*
手前が小郡で、奥は田主丸方面。さらに遠方には耳納山地も見えます。
*
朝倉・杷木方面の眺望。写真中央さらに遠方が日田になります。
*
山家・夜須方面の眺望。
*
福岡方面の眺望。天気が良く見晴らしが良ければ、志賀島や能古島まで見渡せます。

以上、基山(きざん)の紹介でした。
なお、かなり広めの駐車場もあり、佐賀県道300号基山公園線をまっすぐ行けば、直接山頂エリアに車で行く事も出来ます。
登山する場合は、いくつかルートはありますが、麓の水門跡からの登山道が一般的なようです。

明けましておめでとう御座います

皆様明けましておめでとう御座います。

色々あった2014年、あっと言う間に終わってしまいました。 

年末に私事でちょっと色々ありブログ更新が滞ってしまいましたが、今年はもうちょっと更新頻度も増やしたいきたいと思います。 
筑紫野市周辺地域の写真も割と撮りためてますので、地域紹介記事を中心に更新していきたいですね。

最後に、全く関係無いですが、今丁度撮り溜めた年末正月番組(主にお笑いネタ見せ番組)見ていますがやっぱりおもしろ荘が色々な意味で最高ですね・・・。
月イチくらいでやればいいのに、といつも思います。
最新記事
Twitter プロフィール
パソコンの故障修理やトラブルの解決、各種サポートの他、企業・団体向けITアドバイザーを行う「デジタルよろずや筑紫野」です。 筑紫野市を中心に、太宰府 小郡 筑前 朝倉 大刀洗 基山 鳥栖 等、福岡・佐賀の幅広いエリアを出張無料、見積もり無料でサービスを行っております。
メッセージフォーム

当ブログやデジタルよろずや筑紫野へのご意見・ご相談等についてはこちらからどうぞ。(非公開メッセージを送信出来ます。)

名前
本文
QRコード
QRコード