デジタルよろずや筑紫野 店長の雑記

仕事の事とか地域の事とか趣味の事とか雑多にぼやいてます。
バイクツーリングと野球観戦(ホークス)と競馬が好きです。
福岡と佐賀の県境ら辺に住んでます。

福岡県筑紫野市で、太宰府・大野城・小郡・筑前・朝倉・大刀洗・基山・鳥栖のエリアを中心に、パソコン/IT機器の出張修理・トラブル解決・ITサポートを地域最安値でやってます。
一部持ち込み修理も対応致します。(見積もり・出張料金は無料です)

デジタルよろずや筑紫野 ホームページ:https://www.digital-yorozuya.com/
ツイッター:https://twitter.com/digitalyorozuya
フェイスブック:https://www.facebook.com/DigitalYorozuya

2014年02月

MicroSD(リムーバブルディスク)のローカルディスク化

2in1タブレット『ASUS TransBook T100TA-DK32G』を購入して数日が経ち、今日ようやくAmazonからMicroSD(64GB)が到着しました。

さて、オンラインストレージの同期フォルダをSDにぶち込んでバリバリ使おう・・・と思ったら、一部のオンラインストレージサービスのデスクトップクライアント(同期アプリ)では、リムバーブルディスクを同期先フォルダに選択する事が出来ない事が判明。

そこでググってみた所、ディスクドライブのOS標準ドライバを強制的にサードパーティ製の物に更新してローカルディスク化出来るとの事。

やり方は、こちらのサイトを参考にしながら、

① チャームのPC設定→『保守と管理』から、Secure bootの無効化とデジタル署名無しドライバのインストールを許可してリブート

② リブート後、Hitachi Microdrive Filter Driverのcfadisk.infファイルをエディタで開き、[cfadisk_device】に"%Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,SD\GenDisk"を追加してデバイスプロパティから手動でドライバをインストール


これで無事ローカルディスク化に成功しました。現在、同期アプリも問題無く動いてます。

ただ、一つ注意点としては、OS起動中はローカルディスク化したSDカードは絶対に取り外してはいけません
実際に試してはいないのですが、MFTがぶっ壊れて再フォーマットしなければ認識出来なくなるらしいです。
テープ等で不意に取れないように固定した方が良いと思われます。

ちなみに、導入したオンラインストレージサービスのクライアント(同期アプリ)は以下の通り。

◆ Googleドライブ
・・・同期フォルダのあるパーティションのファイルシステムがNTFSじゃないと駄目らしいです。
◆ Yahoo!ボックス
・・・リムーバブルディスクはNGでローカルディスク化しないと駄目でした。(インストール時に同期フォルダを指定する際、リムーバブルディスクになってるとエラーダイアログが出ます)
◆ Skydrive/Onedrive
・・・Windows8.1だとOSに組み込まれてるせいか同期フォルダの移動が出来なかったので、一旦アカウントとのリンクを解除してフォルダを丸ごとSD側に移動した後、シンボリックリンクで対処しました
◆ Asus Webstorage
・・・リムーバブルディスクのままでも大丈夫らしいです(ただ殆ど使ってません)
◆ Dropbox 
・・・こちらもリムーバブルディスクのままでもいける?
◆ BOX
・・・同上

なお、Windows Update等を行うと、デジタル署名無しドライバのインストールがデフォルト(不許可状態)に戻されてOS標準のドライバが読み込まれてしまい、一時的にドライブが見えなくなってしまう事があるようです。
その場合、もう一度チャームのPC設定の『保守と管理』の所からデジタル署名無しドライバのインストールを許可してブートさせれば、ドライブは認識出来るようになります。(ドライバのインストールは不要なようです)

*** 2016/02/16 追記 ***
現在、T100TAもWindows10にアップグレードしたのですが、上記のオンラインストレージの内、Yahooボックス・ASUS Webstorageはもう使わなくなり、Onedriveがリムーバブルディスクも対応したため、最早ローカルディスク化の必要性が無くなり、Win10環境では試していません。(先述上記のローカルディスク化に関する記事内容は全てWin8.1でのものです)
ただし、Dropboxに関しては仕様変更でリムーバブルディスク非対応になっていましたが、シンボリックリンクを用いて、実体フォルダをMicroSDにぶち込んでます。
このように、わざわざローカルディスク化しなくても、シンボリックリンクを駆使すれば十分に対応可能です。(フリーの統合アーカイバExplzhを導入すれば、右クリックメニューからシンボリックリンク張れるので大変便利です。) 

サイト制作日誌~マウスオーバーエフェクト思案中

ハイパーリンクやナビメニューに対するマウスオーバーアクションを、どんなエフェクトにするか、もしくはしないのか・・・

細かい事なようですが、この辺は技術的な問題も然る事ながら、デザイナーのセンスも問われる難しい部分だと思います。

現在、私もどういったものにしたらいいものか、あれやこれや試しながら試行錯誤中です。

低スペックのXP+IE6でもストレスなくブラウジング出来るよう、軽快に動作し、無駄に派手すぎて分かり辛くならないような、且つ見た目もよく・・・と我が儘な条件を付けてやってるせいで、なかなか決まりません。

ちなみに、グローバルナビメニューに関しては、ここのNav8みたいに、オンマウス以外のメニューのcolorを薄くし、オンマウスメニューにはbackground-colorも変更するようなものを作ろうとしてます。
参考にしてるページは主にこちら。
・・・が、イマイチ思ったようには動作してくれず、現在原因究明中です・・・。(なお、そのせいで肝心のコンテンツ制作がほったらかし状態な模様) 

ASUS TransBook T100TA購入!

ビジネス用必須機材その1だったタブレットPC、ASUS TransBook T100TA T100TA-DK32Gをヨドバシの店舗で購入しました。

用途としては、クライアントへのサービス説明やプレゼン、タスクサポート、出先でのサイト編集諸々で使う予定(ネットに関してはスマフォからのテザリング)ですが、とりあえず一日弱弄くってみた所、スペック的には全く問題なさそうです。
サイト編集用のExpression WebやInkscapeもサクサク(Inkscapeは流石にデカイ画像だとアレでしたが)でした。

正直、値段も値段なので(¥44800+ヨドバシポイント) 、スマフォに毛が生えた程度くらいしか期待してなかったのですが、比べものにならない体感パフォーマンスの差でした。某人気ブラゲもサクサク動いてます。 
バッテリーも、明るさ最大Wi-fiオンで数時間ガッツリ使ってみましたが、かなり持ちよさそうです。

Windows8は正直デフォルト状態ではかなり使いづらいですが、まぁこの辺は設定次第でどうにでもなりますし、あとは慣れの問題でしょうか。

さて、あとは専用キャリーバッグとMicroSD(32Gor64G)を買えばバリバリ使えそうです。 

サイト制作日誌~ロゴ作成

Logo

Inkscapeを使ってロゴを作ってみました。
はんこをイメージして作ったのですが、Inkscape自体を使い慣れてないせいで、予想以上に時間掛かってしまいました・・・。
有名所のソフトだと、既にはんこ風ロゴをテンプレートで配ってるようなサイトもあるんですが、Inkscapeだと、作り方すらググっても出てこなかったので、ゼロから試行錯誤しながらの制作でした。

一応、ロゴのコンセプトとして、屋号を入れつつ、シンプル且つ和風な感じ、というのを念頭に入れて、屋号がカナ四文字+かな四文字+漢字三文字という事も考えた結果、真っ先に浮かんだのがはんこでした。

大体のイメージを頭に作った段階では、割とすぐ出来るかな、と思ってましたが、フォント選びと、崩した感じを表現するのにかなり手間取ってしまいました。
おかげで(?)、Inkscapeの使い方も大分覚えられたので、まぁよしとします。 

サイト制作日誌~jQuery Chaining Effectsメモ

無駄に重くなりすぎないように気をつけつつ、jQueryでエフェクトもいくつか付けてます。
その一つが、 jQuery Chaining Effects Plugin (jquery.effectchain.js)です。

これは何なのかと言うと、指定した要素をロード時にフェードインしながら表示させるものです。(多用すると重くなります・・・)

カスタマイズ性や表示安定性はなかなかのものなんですが、デフォルトで使用すると困った現象が。
一度ページを表示させたあと、リロードすると綺麗に順々にフェードインしてくれるんですが、ページの初訪問(ファーストロード)の場合に限り、一瞬指定要素が見えた後にフェードインするという現象が発生。
ググってみても、このjQuery自体があまりメジャーでないらしく、当然出てこない。

と言うわけでコードをじっくり眺めていくと、フェードイン後のCSSを指定できる事が判明。
ならば、と初期状態でvisibility:hidden、フェードイン後にvisibility:visibleにして・・・みたのですが失敗。
visibilityで駄目ならボックスごと消すdisplayで同様にやってみた所、見事出来ました。

よくよく考えてみると、ボックス毎フェードインさせてる訳ですので、最初からdisplayでやってみるべきでした。 

サイト制作日誌~憎きIE6対策

ウェブ制作における最大にして最凶の壁と言っても過言ではない難敵、クロスブラウザ対策(というよりIE6/7/8対策)に現在取り組んでおります。

サイトに関しては、既にこのブログ開始以前から制作しており、基本デザインとトップページはある程度完成しております。(こんな感じ

なお、サイトコンセプトとしては、サイト利用者層も考慮に入れて、極力シンプルで分かりやすく、且つサイト制作を依頼して貰えるようなデザイン性も両立させたものを作りたいなと考えてます。
ちなみに制作に使ってる主なオーサリングツール・ドロー系グラフィックツールは以下です。
・MS謹製のExpression Web(無料版) …Dreamweaver程ではないですが、ちょっと前のホームページビルダー以上の機能性を誇るオーサリングツールです。大規模なサイトを構築するのでなければ、これで十分過ぎる程だと思います。
Inkscape…ペイント系のGIMP、ドロー系のInkscapeと言われる程の、オープンソースのフリーの
グラフィックウェアです。使いこなせば、イラレと遜色ないレベルで使えるらしいです。
フリーのソフトウェアばかり使ってるのは、単に経費節約という以外にも、将来的にはこれらを利用したWeb制作のコストダウンを提案する事業もやっていきいたい、ってのもあったりなかったり。

さて、本題、クロスブラウザ対策について。

まず確認ツールに関しては、ExpressionWebに標準搭載してあるSuperPreviewと、最終確認用として仮想マシンのXP+IE6の両方でやってます。

色々調べてみて、もっとも安定動作しつつ汎用性も高い組み合わせだろうと考え、以下のものを導入してみました。
・IE9.js(IE7-js)…ハックする事なく、IE6/7/8をIE9以上のブラウザの挙動に近づけるためのライブラリです。特に使いたかったのは、透過PNGの有効化です。
・ie7-squish.js…IE6のダブルマージン問題等を修正する上記の追加ライブラリです。
・CSS3 Pieここやら、ここここ等を参照しました。 ウェブクリエイターにはお馴染み、オールドブラウザでもCSS3を使えるようにするプラグインです。

問題となるのは、これらのプラグインの共存です。
(正しくないのかもしれませんが)下記のように記述しました。
<head>内
 <!--[if lt IE 9]><script src="http://ie7-js.googlecode.com/svn/trunk/lib/IE9.js"></script><script>var IE7_PNG_SUFFIX = ".png";</script><![endif]--> IE9未満用IE9.js
<!--[if lt IE 7]><script src="http://ie7-js.googlecode.com/svn/trunk/lib/ie7-squish.js"></script><![endif]--> IE7用ie7-squish.js
</body>前
<!--[if lt IE 9]><script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1/jquery.min.js"></script><![endif]--> IE9未満用Ver1系最新版jquery.min.js
<!--[if !lt IE 9]><script src="js/common/jquery-2.1.0.min.js" type="text/javascript"></script><![endif]--> IE9未満以外用のVer2系jquery.min.js
<script>window.jQuery || document.write('<script src="js/common/jquery-2.1.0.min.js"><\/script>')</script>
<script src="js/top/jquery.effectchain.js" type="text/javascript"></script> ←jQuery
<!--[if IE 9]><script src="js/common/PIE_IE9.js"></script><![endif]--> ←IE9用CSS3PieのJs版
<!--[if lt IE 9]><script src="js/common/PIE_IE678.js"></script><![endif]--> ←IE9未満用CSS3PieのJs版
<script type="text/javascript"> ←CSS3Pieをアタッチさせるセレクタ設定
$(function() {
  if (window.PIE) {
    $('.pie').each(function() {
      PIE.attach(this);
    });
  }
});
</script>
<script src="js/common/jq_setting.js" type="text/javascript"></script> ←jQuery用個人記述Js

苦戦した点 
・IE条件付コメント
…なんでもかんでもロードさせると非常に重くなるので、条件付コメントを多用してブラウザ毎にロードさせるプラグインを設定してます。
・ htc版PIEとIE9.js(IE7-js)が共存不可…完全に盲点でした。IE9.jsを使う際は、js版のPIEを使う必要があるとの事。
・Ver2系jquery.jsは、IE9未満は未対応…盲点その2。オールドIEでBorder-radiusを適用するためにはPIEと同時にjquery.jsも一緒にロードしないと駄目なので、当初未対応の2系しかロードしてなかっため、Border-radiusが全く適用されませんでした。
そこで、条件付コメントで <!--[if lt IE 9]>でVer1系、NOT演算子を付け加えた<!--[if !lt IE 9]>でVer2系をロードするように記述しました。
・IE6でDivにborder-radiusを使うと、何故かmarginが効かない…原因不明ですが、HEAD内に条件付コメント<!--[if lt IE 9]>でStyleタグを差し込み、body{margin-top:30px;}を適用して解決。
・マウスオーバーでのフェード効果が効かない…原因不明。まぁタダでさえIE6だと重くなってるので、IE6ではオフになってた方がよさそうです。

と言うわけで、これでなんとかクロスブラウザ対策が出来たような気がします。
多分、というか間違いなくもっとスマートな方法があると思いますが…。

Webスペース(レンタルサーバ)選び

さて、兎にも角にも自社サイトをワールドでワイドなウェブに公開する訳ですから、Webスペースをどこにするか決めないといけません。

将来的には、CGIやらPHPやらPerlを制限なく使えて、独自ドメインを使えるような、ちゃんとした(?)所にお借りする予定ですが、とりあえずビジネスが軌道に乗るまでは、フリーの所にしようと考えました。(ドメイン取ったら、そのときはリダイレクトページちゃんと作ればいいだけですし)

とは言え、タダならなんでも良い訳でもなく、ある程度の条件を付けて選びました。(当初、ISPの提供するフリースペースを使おうと思いましたが、容量少なすぎて論外となりました)
とりあえず列挙してみます。

必須条件
・容量…最低でも100MB以上
・商用利用可能 …当然必須
・広告無し…バナー広告が付いちゃうと見た目もアレな上、サイトデザインする時にも支障が出ます。
・.htaccess使用可…サイト・ページのリダイレクトやらSEOやらで、必要になってきます。
・FTPクライアント使用可…標準で使ってるオーサリングツールExpressionWebのパブリッシング機能を使うために必要。別途クライアント使ってもいいのですが、この内蔵機能の方が、コードの最適化や変更済みファイル判別やら出来てはるかに便利です。Webアップロードだけだったり専用のクライアント使わせる所もありましたが、やはり利便性考えると自由に使える所の方がいいですね。

可能なら
・CGIやらPHPやらPerlやら …将来的にWordpressやオリジナルCGIも使いたいので使えるに超した事はないですが、CGIはレンタルで代用も可ですし、ブログは自由度は落ちますが、フリーのレンタルの所でも今の所は十分です。
PerlとかPythonとかも後々のサイトの拡張性考えると使えた方がいいのですが、今回はなるべくそれらを使わないようなシンプルなサイトを作ろうと考えてます。
・独自ドメインサービス…値段も考慮にいれて、ではありますがあれば後々便利。

…と、これらを条件にして探してみましたが、意外と無い。
広告無しだと、その他条件がキツすぎたり商用不可だったり。
で、結局、上記必須条件を唯一全部満たしたwebcrowでやってみる事にしました。
広告無しのオプションにすると、PHPやMySQLが使えなくなっちゃいますが、それでも無料でなかなか素晴らしい条件で利用出来る数少ない所だと思います。 

開業準備中…

皆さん初めまして。
デジタルよろずや筑紫野の代表、田上です。

現在、三月の開業(始動)に向けて、 サイトを鋭意制作しております。
自分自身のメモも兼ねて、ブログをスタートしてみようと思います。  
最新記事
Twitter プロフィール
パソコンの故障修理やトラブルの解決、各種サポートの他、企業・団体向けITアドバイザーを行う「デジタルよろずや筑紫野」です。 筑紫野市を中心に、太宰府 小郡 筑前 朝倉 大刀洗 基山 鳥栖 等、福岡・佐賀の幅広いエリアを出張無料、見積もり無料でサービスを行っております。
メッセージフォーム

当ブログやデジタルよろずや筑紫野へのご意見・ご相談等についてはこちらからどうぞ。(非公開メッセージを送信出来ます。)

名前
本文
QRコード
QRコード