とうとう始まってしまった日本シリーズ、敵地甲子園で迎えた緒戦でしたが、先発スタンリッジが古巣相手に打ち込まれ、6-2と惨敗してしまいました。

とは言え、スタンリッジもペナントと比べて特に悪かったって感じでもなかったですし、単に阪神中軸打線の破壊力がこちらを上回っただけだと思います。
こちらも馴れない甲子園でしたが守備でエラーらしいエラーも無く、寧ろ予想以上にキッチリ守れていましたし、順調負け、と言う表現が相応しい負けだったんじゃないでしょうか。

打線は相も変わらず湿りきったままでしたが、5回以降の継投で登板した森福以外の中継ぎ(岡島・岩嵜・森)の調子がよさそうだったのは、今回のポジティブ要素だったと思います。
特に岩嵜の出来がピカイチでした。森も直球の走りを見る限り良い時に戻ってるように感じました。

打撃面では中村の不調が深刻ですが、長谷川が守備に付けない以上、そもそも代えようが無いですし、このまま使い続けて復調してくれるのを期待するしかないような気がします。
吉村がライト守備まともに出来ればいいのですが、SB来てから内野守備ばかり練習してたせいか、見るも無惨な守備になっていますし、流石にもう外野はやらせないでしょう。

明日は武田VS能見ですが、兎にも角にも武田の出来次第ですね。
打線は、もうこのまま湿ったままでしょうし、期待するのは難しいでしょう。