ある意味、今年を(悪い意味で)象徴するような、拙攻そしてエラーが絡んでの惨敗でした。

敗戦の直接の要因となったのは、やはりショート・今宮のタイムリーエラーだと思います。
一般的に“名手”と賞される今宮ではありますが、今年はこのような平凡なゴロでの、特に試合を決するような致命的なタイムリーエラーが目立った年でもありました。 
確かに派手なプレーも多く、実際に何試合も今宮の守備で助けられているのは事実ですが、守備の安定感(特に送球)面で見れば、正直名手と呼ぶにはほど遠いものだと思います。

とは言え、いずれにせよ今日の試合は特に打撃陣が拙攻を繰り返してましたし、このエラーが無くても勝ててたかどうかは怪しいですが・・・。 

昨日も、最後の最後で打線は繋がったものの、正直機能していたとは言いがい感じでしたし、この辺りで打線オーダーを動かしてみるのも手だと思います。